NTTは9月29日、上場子会社のNTTドコモを完全子会社化すると発表した。NTTは約66%のドコモ株式を保有していて、残り約34%をTOB(株式公開買い付け)で取得する。買い付け額は4兆3000億円を見込む。成立すれば、ドコモは上場廃止になる。

 現時点では未定だが、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェアのドコモへの移管など、グループ再編も検討する。

 ドコモの吉澤和弘社長は「(今回の完全子会社化で)ドコモはNTTグループの中核となり、顧客の窓口になる。個人・法人を問わず、モバイルネットワークだけでなく、あらゆるサービスをトータルで提供する会社になる」と説明する。NTTグループ各社の法人営業力、研究開発力などのリソースと、ドコモの顧客基盤を組み合わせる。