無印良品を展開する良品計画は10月1日、2020年の秋冬シーズンから日常着を中心とした衣料品72アイテムを値下げすると発表した。また、期間限定セールや週末セールは今後行わないとした。値引きの対象となるのは自然素材にこだわった衣料品や肌着などの主力アイテム。値下げは10月2日から順次行う。

 紳士向け商品としては、「縦横ストレッチチノパンツ」や「軽量ポケッタブルノーカラーダウンベスト」をそれぞれ3990円(税込、以下同)から2990円に値下げする。

 婦人向けの「クルーネック長袖Tシャツ」は1290円から990円に、「首のチクチクを抑えたタートルネック洗えるセーター」は2990円から2490円に値下げする。

 婦人・紳士向けとなる「脇に縫い目のない フランネルパジャマ」は4990円から3990円に値下げする。

 今回の大幅な価格改定に先立ち、9月3日に大人用靴下(3足790円)と子ども用靴下(2足490円)をそれぞれ3足690円としている。お客からは好評で、売り上げは伸びているという。

●コロナ禍で売れ筋に変化

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出時に着用する衣類などの売り上げが低下する一方で、普段使いのアイテムが売れるようになった。また、同社の幹部によるとコロナ禍の影響で家計が苦しくなったことを受け、客は「うわついた消費をしなくなった」という。無印良品は毎年のようにさまざまな商品の価格改定を行っているが、2020年の秋冬シーズン向けには日常的に使用する衣料品の値下げをすることにした。

 期間限定セールや週末セールは今後行わない。一時的に来店者数が増えると店内が「密」な状況になってしまい、お客だけでなく従業員を感染リスクにさらしてしまうためだ。