米ブランディング会社のインターブランドは10月20日、グローバル企業を対象にしたブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2020」を発表した。1位は8年連続で米アップル。日本企業では、トヨタ自動車が前年と同じ7位。自動車メーカーとしては17年連続で最高位だった。

 このランキングは、世界で事業展開する企業ブランドを対象に、そのブランドが持つ将来性や財務状況などの価値を金額に換算して算出。今回で21回目の発表となる。

 1位のアップルのブランド価値は前年比38%増の3230億ドル。2位は米アマゾンで、60%増の2007億ドル、3位が米マイクロソフトで53%増の1660億ドルだった。上位3ブランドを米国企業が占めた。13年から2位だった米グーグルは1%減の1654億ドルとなり、4位に。5位は韓国のサムスン電子で、2%増の623億ドルとなり初めてトップ5に入った。

 コロナ禍の影響でオンラインサービス関連のブランドが躍進。米インスタグラム(19位)、米ズーム(100位)などが初めてランクイン。また、アマゾンやマイクロソフトのほか、スウェーデンのスポティファイ、米ネットフリックス、米アドビなどの成長率が高かった。

●トヨタ、ホンダ、ソニーなどのブランド価値は?

 日本企業で最高位の7位だったトヨタは、8%減の516億ドル。ビジネスモデルの転換を図り「モビリティカンパニー」への変化を目指す取り組みや、業界を超えたアライアンスを積極的に結んでいることが評価された。19年3月期には、日本企業として初めて売上高が30兆円を超えた。

 次点はホンダの20位。R&D部門に注力していることや、欧州で販売する全ての四輪車を電動車両に置き換えるための取り組みが評価。10月30日には、同社初の量産EV「Honda e」を日本で発売する。また、日産自動車は59位に入った。

 自動車メーカー以外では、ソニーが51位。エレクトロニクス事業やゲーム&ネットワークサービス事業に加え、イメージング&センシングソリューション事業が成長をけん引。近年の財務業績は安定しており、20年1月には、ITバブル期以来となる時価総額10兆円突破を果たした。

 コロナ禍で需要が拡大した任天堂は76位。大ヒットとなった「あつまれどうぶつの森」は、世界で2000万本以上を販売し、世界で最も楽しまれたゲームとなった。