ヤフーは10月28日、副業として働く人材104人との業務を開始したと発表した。同社は7月から副業人材の募集を行っており、4500人以上の応募があったという。年齢は最年少が10歳、最年長が80歳。職業は会社員の他、医師、芸人、漫画家、主婦など幅広い層の人材を選んだ。

 副業人材は、新しいメディアサービスの企画や戦略の立案を行う「アドバイザー」が101人、高い専門知識を使いシステムの改善業務を行う「テクノロジースペシャリスト」が3人。原則的に業務委託として、リモートワークで勤務する。

 ヤフーはリモートワークを推奨しており、仕事の場がオンラインに移行したことが副業人材の活用につながった。「従来では交わる機会が得られなかった人材とともに、新たな事業やサービスにつながるイノベーションの創出」を目指すとしている。

 ヤフーは同日から検索事業、社会貢献事業などに携わる副業人材を新たに募集する。