日産自動車は10月29日、ミニバン「セレナ」2万2955台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。LEDフォグランプに不具合があり、光軸が基準を満たしていない恐れがある。

 リコール対象は「セレナ」1車種で、製造期間は2019年7月〜11月。

 対象車両では、LED仕様のフロントフォグランプで不具合があった。製造過程において、搬送する際の荷姿設定が不適切だったため、搬送時の衝撃によりレンズの位置がずれ、光軸が保安基準を満たしていない恐れがあるという。

 改善措置として、全車両の左右のLEDフォグランプを点検。レンズの位置がずれている場合、良品に交換し、光軸調整を行う。これまでに不具合や事故は報告されていない。