KDDIが進める金融事業での「スマートマネー構想」。ハブとなるのはコード決済のau PAYだ。2020年は2月に大型の20%還元キャンペーンを実施し、利用者を大きく伸ばした。この冬、再び最大20%還元となる大型キャンペーンを実施し、さらなる拡大を狙う。

 併せて、KDDIグループの周辺金融サービスとの連携もさらに強化する。11月30日に強く打ち出したのは、さまざまな「お得」。割引や還元を前面に押し出した。

●住宅ローン金利 業界最低水準の0.31%へ

 まず12月1日から受付を開始するのが、auじぶん銀行の住宅ローンの優遇金利だ。KDDIの携帯電話回線を使用していることを条件に、金利を0.1%引き下げる。これにより、11月時点の変動金利で0.31%、10年固定金利で0.44%とし、業界最低水準をうたう。

 「かなり頑張った優遇施策だ。最高水準の優遇。変動金利でも固定金利でも圧倒的な低金利を提供していく」と、auフィナンシャルホールディングスの勝木朋彦社長は自信を見せた。

 内訳は、KDDIが提供する「じぶんでんき」とのセット利用で0.03%、au携帯の家族割プラスに2回線以上加入することで0.07%引き下げだ。この0.1%引き下げにより、借り入れ3000万円、35年返済の場合で、完済までの返済総額で約55万円のお得になるという。

●ゴールドカード特典強化 携帯料金11%還元

 さらに「au PAYゴールドカード」の特典も強化する。2月利用分からau携帯電話やauひかりなどの通信料金の11%を、Pontaポイントで還元する。さらに、au PAYマーケットの購入金額から8〜17%、auでんき利用料金から3〜11%、都市ガス for au利用料金から3%など、それぞれ還元を行う。また、au PAY残高へのチャージには2%を還元するなど、各種還元を強化する。

 au PAYゴールドカードは年会費1万1000円がかかるが、「年会費を取り戻して、さらに2.1万円(一般的な利用想定の場合)お得になる」(KDDIの東海林崇副社長)と、こちらも「お得」を強調した。

●スマートマネー構想の最新の数字

 KDDIは、グループの金融事業のブランドを統一し、連携を強化している。決済・金融取扱高は、2019年度に当初の計画よりも2年早く6兆円を突破した。「特に2020年からコロナ感染症のリスク対策もあり、キャッシュレス需要、ネット金融への需要が高まっている。上期は4兆円を超える実績だ」(東海林氏)と好調ぶりをアピールした。

 スマートマネー構想にかかわる最新の数字は次の通りだ。

・au PAY会員数2450万人超

・au PAY決済回数 2020年春のキャンペーン前から2.5倍

・au PAY加盟店数 270万カ所超

・au PAYカード会員数 600万人突破

・au PAYカードからのau PAYチャージ額 1年で6倍

・auじぶん銀行 預金口座数 410万口座超

・決済・金融取扱高は2019年度6.5兆円、2020年度上期は4兆円突破