「未経験の仕事に転職したら、年収が下がるかもしれない」と思っている人が多いかもしれないが、実際のところどうなのか。30代で未経験の仕事に転職したことがある人に聞いたところ、「上がった」と答えたのは34.6%に対し、「下がった」は51.2%と半数を超えていることが、ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)の調査で分かった。

 「年収が下がった」という人に、その理由を尋ねたところ「基本給と賞与が少ない」(37.1%)がトップ。次いで「未経験からのスタートだから」(20.0%)、「契約・派遣社員やパートになった」(18.1%)、「残業や勤務日数が減った」(15.2%)と続いた。

 30代で未経験の仕事に転職した人に、転職してよかったかを聞いたところ、「よかった」(40.0%)と「どちらかといえばよかった」(42.4%)を合わせると82.4%という結果に。「よかった」と答えた人からは、「夢を実現できて非常に満足している。年齢にこだわらずに挑戦して本当によかったと思っている」(34歳男性)、「新しい知識や技術を身につけられた。今まで知らなかった世界が見えるようになって楽しい」(33歳女性)といった声があった。

 一方、「転職してよくなかった」人からは「経験としてはとてもよかったが、給与面から本業として長くはできないと思った」(35歳女性)など「給与が思った以上に少なかった」といった意見が多かった。この結果を受けて、ビズヒッツは「給与以外の条件を重視して仕事を探す場合でも、月収や時給、賞与、各種手当などトータルの収入を転職前にしっかり確認することが必要」とコメントした。

●未経験の仕事に転職した理由

 未経験の仕事に転職した理由は何だろうか。この質問に対し、「やりたい仕事がある」(18.5%)がトップ。以下「前職に不満/環境を変えたい」(17.6%)、「ライフスタイルの変化」(12.7%)、「新しい仕事に挑戦したい」(9.8%)、「収入アップのため」(8.8%)と続いた。

 「やりたい仕事がある」と答えた人からは、「新しい仕事に興味を持ち、資格を取得したので生かしたいと考えた」(30歳男性)、「新卒時に採用試験に受からなかったため他の仕事に就いたが、やはり夢をあきらめきれず30歳を過ぎて再度受験した」(34歳男性)などのコメントがあった。

 インターネットを使った調査で、30代で未経験の仕事に転職した男女205人が回答した。調査期間は2020年12月3日から15日まで。