LINEは、5月3日にビデオ通話と音声通話の機能のアップデートを実施した。バージョンは「10.6.5」となる。

 新たにグループ通話中にスマートフォンの画面をシェアでき、YouTube(スマートフォン版のみ)を一緒に見れる「みんなで見る」機能を追加。利用方法は通話中に画面右下へ表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択する。

 Android版では画面シェアの際、落書き機能を使って共有している画面上にイラストを描くことも可能。YouTubeでは見たい動画を検索して選ぶ他、YouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加すると、自動的にコピーしたURLが通話中の画面下に表示される。

 さらにグループビデオ通話中に画面上に表示される人数を、従来の4人からスマートフォン画面は最大6人、iPad画面は最大9人へ拡大。任意の人をダブルタップすればフォーカスして画面上に大きく表示され、画面下方部には選択した人以外の顔を一覧表示する。横にスクロールすれば最大200人の参加者の顔を確認でき、ビデオ通話で利用できるエフェクトやフィルターも随時追加していく。

 グループの音声通話中の画面の表示方法が、スマートフォン画面で最大9人分アイコンを一目で確認できる「Grid view」、参加者のアイコンを縦型のリストで表示する「List view」から選べるようになった。上下にスクロールすると他の参加者を確認でき、発言者はアイコンの周囲が緑の枠に囲まれる。リストでは参加者のマイクやビデオのオン/オフ状態も確認できる。