JX通信社は、5月7日に速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で新型コロナウイルスの感染事例が発表された場所を表示できる機能を提供した。アプリ内下部の「新型コロナ」特設タブから無料で利用できる。

 本機能では約1700カ所、延べ5000人超(同日時点)の感染事例に関連する場所の情報を提供。掲載情報は全て自治体や企業による正式な一次情報をもとにしており、施設などが消毒されている場合はその旨も明記する。情報の日付の前後に、ユーザーが現場へ行っていないかチェックすることもできる。

 アプリ内で使用するGPS位置情報はユーザーが任意でボタンをタップした時点のみ使用し、ユーザーの移動追跡や移動経路の保存は行わない。情報はあくまで自治体や企業から公に発表されたものを用いており、デマや風評被害を防止する。

 アプリがユーザーの許可なく位置情報を使用することはなく、本機能は新型コロナウイルス感染症の収束とともに情報を完全に削除する予定。また、本機能はアプリ内でのみ閲覧できる状態で提供するという。