さて2020年もやってきました、Huaweiの新型カメラ、じゃないスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」。いろいろと能書きはあるけれども、基本的には「トリプルカメラの構成がイメージセンサーごとごっそり新しくなってもっとスゴくなったよ」と「AIが進化してめちゃ賢いAIならではの機能を搭載したよ」の2点だ。

 細かくチェックしてると長くなりそうなので、サクサクと見ていきたい……のだが、いろいろとややこしいところがあるので、前半はややこしい内容になる。ご勘弁。

●「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」って何?

 まずはカメラ部分の構成だ。

 正直、カメラ周りのデザインはよくなったと思う。カメラ部だけ色と質感が違い、その中で撮影に使う3つのカメラの下に「LEICAのロゴ」が入っており、「カメラ」がきちんとアピールされているのだ。ぱっと見ると、HuaweiのスマホにLEICAの超小型カメラを埋め込んだようである。

 で、その内訳。1つ1つのカメラの名前が大げさなのだけど、HUAWEIのカタログにある通りに書いてみた。

 色温度センサーはホワイトバランスをより正確に合わせるためのもの、3D被写体深度カメラは奥行きを測るためのものだ。

 残るトリプルカメラは前モデル(P30 Pro)と同じ超広角、広角、望遠という構成だが、全てのセンサーやレンズが新しくなった。

 カメラごとに見る。見出しのスペック表記はHUAWEI P30 Pro→HUAWEI P40 Pro 5G。

超広角カメラ:16mm→18mm/2000万画素→4000万画素/F2.2→F1.6

 超広角カメラは画素数もレンズの明るさも全部変更。ただ、超広角カメラの割に18mm相当と画角がちょっと狭くなったのは引っ掛かるけれども、よく見るとアスペクト比が4:3ではなく3:2になっているのである。ちょっと横長になった分、ワイド感はある。

広角カメラ:27mm→23mm/4000万画素→5000万画素/F1.6→F1.9

 こちらは27mmから23mmにより広角になり、レンズはF1.9と暗くなったが、実はセンサーサイズが1/1.7型から1/1.25型へでかくなった。センサーがでかくなるとレンズもでかくなるわけで、大きくなったセンサー+レンズをスマホの薄いボディーに収めるために、少し暗くなったのだろう。でも、そこはセンサーの高性能化で補うわけだ。

 分数でいわれても分からないと思うので(私もピンとこない)小数に直すと、0.59型→0.8型となる。ちょっとでかくなったなって感じ。

 で、撮ってみるわけだが……なんか変だ。

 撮ってみると、明らかに23mm相当の画角じゃない。P30 ProやMate 30 Proやその他一般的なスマートフォンと変わらない。写真に記録される撮影情報(EXIF情報)を見ると「35mm版換算27mm」と書いてある。あれ? 23mmじゃなかったん?

 では、と撮影モードを変えて50MP(5000万画素)にして撮ってみると、ちゃんと23mm相当の画角になっているじゃないか。

 通常の写真モードでは従来の機種に合わせて「1x」が27mm相当になるよう、27mm相当分の範囲だけ使っているっぽい。なるほどそういうことだったか。

望遠カメラ:125mm→125mm/800万画素→1200万画素/F3.4→F3.4

 望遠カメラは画素数が増えた。前モデルでは写真モードで撮ると1000万画素の画素数で記録されたわけで、望遠カメラ使用時はちょいと盛っていたのである。HUAWEI P40 Pro 5Gからはその必要がなくなったのだ。

 で、5倍望遠時のクオリティーは上がっている。これは素晴らしい。

 ちなみに、前モデルもそうだったけど、27mmの5倍だと135mmになる。カメラのスペックは125mm相当である。画像の撮影情報を見ると135mmになっている。ちょっと盛っているわけである。でもHUAWEI P30 Proの5倍望遠時よりディテールの描写力は格段に上がっているので素晴らしい。

 で、さらに倍。10倍にしてみた。なんかきれいだぞ。

 さらにズーミングしていくと、20倍を過ぎたところから、画面の左上にサムネイルが出るようになる。マックスの50倍にしたときの画面がこちら。

 左上に5倍ズーム時の撮影範囲が表示されて、その中で撮影される範囲が四角く示される。これはよい機能だ。

 さすがに50倍になるとデジタルズーム感が出ちゃう。10倍までは普通に使っていい感じだ。それでもすごい。

 以上、ちょいと気になるとこがあったので少し突っ込んでみた。カメラのハードウェア的なスペックと実際に撮影される画像が微妙にずれているので、気になる人がいるかもしれないけど、こういうわけなのである。

 なお、広角カメラ(ウルトラビジョンと銘打たれている)は5000万画素だけど、写真モードだと「4画素を1つ」として扱うため、実質1250万画素となる。5000万画素で撮りたいときは、Proモードにするかハイレゾモードにする。ハイレゾ時は「1画素を1画素」として扱うので、十分に明るい場所(昼間の屋外)では超絶きれいな写真を撮れる。室内なら、1250万画素のモードの方が高感度に強くていいかな。

 ついでに超広角カメラは「シネマカメラ」と銘打たれている。動画用というわけなので、4K動画を撮ってみた。目が回ったら申し訳ない。

 ゆがみも少ないしAFも安定しているしでなかなかだ。

 フルHDで撮ったものもどうぞ。

●HUAWEI Golden Snapの3つの機能は使える?

 次は新機能「HUAWEI Golden Snap」の3つが使い物になるか、探ってみたり遊んでみたり可能性を感じたりしてみたい。

AIベストモーメント

 AIが仕事をして自動的に一番いい瞬間を選んでくれるという「AIベストモーメント」。

 まずアニメーション写真モードにする。これ大事。

 そうすると「AI」がオフになる。これ残念。アニメーション写真とAIって排他的なのだ。

 で、アニメーション写真をオンにするとフルサイズ(1250万画素)で連写したものを1つのJPEGファイルとして記録する。その中からAIが自動的に3枚ほど写真をピックアップしてくれるのだ。

 撮ってからギャラリーを開くと「王冠」バッヂが付いているコマがあるはず。

 その中から気に入ったものを選んで「カバー写真」にして保存すればOK。連写した中からいいものをカメラが選んでくれるというわけである。被写体はなんでもいい。たぶん。

 電車でも。

通行人を削除

 次は通行人を削除……ちょっと物騒なネーミングだけど、まあそういう機能だ。アニメーション写真でカメラを動かさずに撮ると、メインの被写体は静止しているけど後ろの通行人は動いているわけで、それを利用して通行人を消すということかと思うのだが、よく見ると「フレーム内の任意の端から来る最大2人まで」とけっこう制限が厳しい。

 えっと、日常生活でそういう条件で通行人を消したいって難しくない?

 ともあれ挑戦。

 さあ、背景の2人は消せるか。「端から来る」という条件には合致していないけど……。かくして結果はというと、1人消えました。

 後ろの人が消えていないのは、カートをひっぱっていたからだろうか。うまくいかないときはちゃんと理由も言ってくれる。

 で、やってみて思ったのだけど、「通行人がいない瞬間を撮るつもりが、撮影の瞬間フレームの外からすっと1人か2人が入ってきてしまった」ときにいけそうな気がする。

 そういうシチュエーションって多いはず。シャッターを切った瞬間、知らない人がすっと後ろを横切っちゃうとか。フレームの外から入ってくるからよほど気を付いていないと気付かないし。

 というわけで、今回はちょっとうまくいかなかったけど「この機能が生きるシチュエーションはある!」ということで。

 アニメーション写真をオンにしなきゃいけないのが(しかもAIと排他的)ネックかなと思うけど、これ、次期モデルではそういう制限なしでいけるようになる気がしております。

反射を除去

 個人的にめちゃ欲しいのがこれ。車窓から景色を撮ろうとしたら車内の照明が反射して邪魔とか、ガラス越しに撮りたいときに室内の反射が邪魔とか。もしそういう反射をAIの力で除去できるのなら素晴らしい。

 説明会ではこれもアニメーション写真の方が効果的という話があったけど、アニメーション写真にしなくても除去できるときはできるので試してみるべし。

 これも、ギャラリーから「反射を除去」を選ぶだけだ。面白いのでオリジナルと除去を交互にどうぞ。見比べると、ガラス越しの風景。反射が何カ所か消えているのが分かるはず。

 水面はいけるか?

 ちょっといけた。

 あと、掲示物をメモ代わりに撮りたいときあるじゃない。でも、反射して撮れない、あるいは反射しないように撮るとすげー斜めから撮らなきゃいけなくて……ってことあるよね。

 というわけでそんなシチュエーション。

 けっこう頑張っていると思う。原理的に無理なところは無理だものね。それ以外は粘っている。

 それ以外でも、このギャラリーアプリはいろいろと使える。例えば逆光で白っぽくなったときや、逆光でレンズによるゴーストがいっぱい出ちゃったとき。

 でもまあ、つまるところ「ギャラリーの自動補正が賢くなった」という結論かもしれない。

 完璧じゃないけど、これはありがたい。

●相変わらず夜には強かった

 新機能をあれこれ検証していたら長くなってしまったので、あとはあっさりと。

 夜は相変わらず強い。夜景モードは相変わらず5秒とか待たされるけど、クオリティーは素晴らしい。

 夜景モードにしなくても、暗所での写りも素晴らしい。ISO1250まで上がるような夜のあじさいだけど、ノイズも目立たなくて実に鮮やか。スマホってISO感度を上げると急にノイズが増えるかディテールがもやもやになる機種が多いのだけど、これだけ粘ってくれればさすが大きなイメージセンサーだと感心する。

 AIも優秀。料理がめちゃきれいに(わざとらしいくらい)。

 望遠カメラのクオリティーが上がったのも朗報。望遠時のレスポンスもよくなり、ぐっと使いやすくなった。ただ、明るい場所向きだ。

 そして人。ポートレートモードで、広角カメラで撮ったもの。

 さらに今回、3200万画素にぐっと上がったインカメラでの自撮り。こちらもポートレートモードで。

 自撮り時のポートレートモードはかなりレベルが上がっている。3200万画素もいるかよってのはあれだけど、インカメラでも4K動画を撮れるようになった。

 というわけで、HUAWEI P30 Proと比べると予想以上に大きく変わっていて、より暗所に強くなったとか広角での動画がよいとか望遠カメラのクオリティーが上がってかなり実用的になった。という基本性能に加えて、AIを駆使した自動補正を持ったギャラリーアプリは面白い。

 通行人や反射の削除はまだバージョン1.0って感じで、これから伸びそうなので、期待したい。