厚生労働省は6月30日、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」のiOS向けアプリを「1.1.1」にアップデートした。Android版の修正も近日中を予定している。

 アップデートにより、利用開始日が当日の日付で表示されてしまう不具合が修正される。アップデート前に、最後にアプリを起動してホーム画面を表示した日を利用開始日とした。例えば6月19日にアプリをインストールしてからいったんアプリを終了し、その後、6月22日に再びアプリを起動してホーム画面に戻った場合、利用開始日は6月22日となる。

 新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システムから発行されていない処理番号を入力しても「完了しました」と表示される場合があったが、このような表示が出ないよう修正した。

 陽性者となった場合に必用な処理番号の発行は、Android版アプリの修正後に開始するとのこと。

 接触確認アプリのダウンロード数は、iOSとAndroidを合わせて6月30日17時時点で約481万件となった。