2020年2月以降、新型コロナウイルスの感染拡大は全世界で続き、猛威を振るっています。日本でも4月7日に緊急事態宣言が出され、不要不急の外出を制限するように要請されたのは記憶に新しいと思います。その緊急事態宣言も5月26日には解除され、6月19日以降は制限も大幅に緩和されて、県外への移動もできるようになりました。

 これで、これまでのような生活にようやく戻れるかな、と思いたいところですが、感染拡大第二波も懸念される中、人が多い場所にはあまり行きたくないなあと思うのは当然のことです。そこで今回は、行きたい場所や電車、施設内の混雑状況が調べられるアプリを中心に、ご紹介していきましょう。

●訪ねようとしている場所の混雑具合を調べる

 まずは行きたい場所の混雑具合を調べてみましょう。これに役立つのはYahoo!マップの機能として用意されている「混雑レーダー」です。Yahoo!マップアプリを起動したら右上の菱形が重なっているアイコンをタップして「混雑レーダー」を選択すると表示されます。混雑具合が色分けで表示され、青→黄色→赤の順番で混雑度が高くなります。

 同じようにYahoo!マップでは、行きたい施設の混雑度も分かるようになっています。Yahoo!マップで目的の施設を検索して名称をタップすると、写真や営業情報に加えて、時間ごとの混雑状況が表示されます。前日から当日にかけての混雑の傾向も分かります。

 NTTドコモが提供している「ドコモ地図ナビ」でも混雑度が分かります。これは期間限定で無料公開されています。このアプリでも全国の混雑度が地図上で色分けして表示されている他、任意の場所をロングタップすると、その地点の混雑度が時間ごとにグラフで表示されます。行きたい場所の周辺状況を簡単に確認できるのが便利ですね。ちなみにドコモ地図ナビは、「地図アプリ」として名前が登録されているので注意が必要です。

 ドコモは「モバイル空間統計 人口マップ」というサービスも提供しています。モバイル空間統計では、500メートル四方に区切られたメッシュにどれだけの人が滞在しているのか、1時間おきに分かるようになっていますが、このデータはドコモの携帯電話ユーザー約8000万人の位置情報をベースにして作成されています。

●電車の混雑状況を知る

 行きたい場所の状況が分かるのなら、目的地へ出掛けるために使う電車の混雑状況も分かれば便利です。「Yahoo!乗換案内」には「混雑トレンド機能」があり、乗ろうとしている電車ごとに、人の形をした「混雑トレンドアイコン」で混雑度を教えてくれます。これは過去の路線検索データをもとに、路線や方面ごとの検索数の推移をAIで算出しているというものです。Yahoo!乗換案内で移動経路を検索すると表示されます。

 ナビアプリの「NAVITIME」でも同じような機能が使えます。任意の地点経路が調べられる「トータルナビ」の他、電車の乗り換えルートを検索する「乗換案内」で調べると、ルートの右上に、人が座っているアイコンで混雑度が分かります。また、検索画面で「時刻表」のアイコンをタップすると、移動経路でどのような混み具合になっているのかも分かるので便利です。ちなみにauユーザー向け「auナビウォーク」でもこの機能は使えます。

 なお、Amazonの音声サービス「AmazonAlexa」とGoogleの「Googleアシスタント」ではナビタイムの「駅混雑予報」が提供されているので、これらに対応するスマートスピーカーを持っていれば、スキルをインストールするのもよいでしょう。Slackでも駅の混雑情報アプリは提供されているので、自分のワークスペースにインストールして、乗換案内や混雑予報を知ることができます。

 最後に紹介するのはジョルダンの「乗換案内」で提供されている「各駅停車優先検索」です。こちらは本来有料のサービスでしたが、6月3日以降は無料で提供されています。なお、各駅停車優先検索を有効にするためには、乗換案内の「検索設定」で「各駅停車を優先」にしておく必要があります。

 なお乗換案内も、駅や商業エリアの混雑状況が分かる「混雑マップ」を無料で提供しています。

 ここまで、行きたい場所の混雑状況や、途中で使う交通機関の混雑具合が分かるサービスについてご紹介してきました。新型コロナウイルスは、いつどこで感染するのか分からないので、不安に思う方も多いでしょう。そうしたときには今回紹介したサービスを使って、自分の身の安全を考えつつ行動するのもいいかもしれません。