NECとダイドードリンコは、7月3日に自販機での顔認証決済サービスの実証実験を開始した。

 本実験では、まず利用者がスマートフォンなどを用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録。自販機で購入時に顔認証を起動し、パスコードを入力する2要素認証で決済が可能となる。

 期間は3カ月で、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術であり、高い認証精度を有するという顔認証技術を活用している。自販機に顔認証決済サービスを導入し、手ぶらで飲料を購入できる仕組みは日本初としている。