東日本旅客鉄道(JR東日本)は、7月15日に「JR東日本アプリ」で実施しているリアルタイムの混雑情報提供サービスを拡大。首都圏の主な線区が対応する。

 本サービスでは、各線区の列車走行位置に表示される列車をタップすると、リアルタイムに混雑状況をアイコンで表示する。混雑段階は「座席に座れる程度です」「ゆったり立てる程度です」「すこし混み合っています」「肩がふれあう程度です」「かなり混み合っています」の5段階。特急列車、ライナー、普通列車グリーン車の混雑状況は含まれず、表示データは約5分前のもので最新の混雑状況と異なる場合がある。