日本郵便は、9月17日にスマホから写真付き往復はがきを送れるコミュニケーションサービス「マゴ写レター」を提供開始。価格は500円(税込み)で、申込期間は10月19日まで。

 本サービスは孫がスマホで公式サイトへアクセスし、祖父母へのメッセージや写真、必要情報を登録。往復はがきは11月5日の「祖父母との交流・いい孫の日」ごろに届く予定で、受取人は写真を手元に残しながら返信できるという仕組み。

 同社はメドピアが運営する医師プラットフォーム「MedPeer」で、認知症に関わる診察を行っている医師120人へ本サービスで祖父母が行う手紙を「読む」、返事を「書く」、ポストに投函(とうかん)するために「歩く」といった行動が認知症に与える影響についてアンケートを実施。8割が「家族・知人とのコミュニケーションが認知症にとってポジティブに働くと考えられる」と回答し、6割以上が「認知症患者さんのご家族に『マゴ写レター』を勧めたい」と答えたという。