ソフトバンクがY!mobile向け新料金プラン「シンプル20」、KDDIがUQ mobile向け新料金プラン「スマホプランV」を発表した。シンプル20は12月下旬、スマホプランVは2021年2月以降に提供開始する予定。月額4000円前後で20GBのデータ容量を含んでおり、政府の値下げ要請に応えたものだが、実際どれだけお得なのか。自社の既存プランに加え、3キャリアや主要MVNOも交えて比較してみた。

 取り上げた料金プランについて、基本的にキャンペーンによる割引は考慮していない。またY!mobileとUQ mobileは5Gのサービスを提供していないため、ドコモ、au、ソフトバンクとの比較は4Gの料金プランを対象としている。

●Y!mobileの料金プランで比較

 Y!mobileは現在、スマホベーシックプランのS、M、Rを提供しており、月間のデータ容量はそれぞれ3GB、10GB、14GB。データ増量オプションが1年間無料で適用されることで、Sは4GB、Mは13GB、Rは17GBまで利用できる。月額料金は、6カ月間適用される「新規割」や家族割引などで、Sは1480円、Mは2480円、Rは3480円まで割り引かれる。

 一方、シンプル20は期間限定の割引や家族割引、無料のデータ増量オプションはなく、文字通りシンプルな内容。月額4480円で20GBまでのデータ通信を利用できる。スマホベーシックプランではRと近く、Rよりデータ容量は多いが素の料金はシンプル20の方が安い。スマホベーシックプランRのユーザーは、6カ月間の割引が終わっているのなら、シンプル20に乗り換えた方がよさそうだ。

●UQ mobileの料金プランで比較

 UQ mobileの場合、月額1980円で3GBの「スマホプランS」、月額2980円で10GBの「スマホプランR」に、月額3980円で20GBのスマホプランVが加わり、料金体系としては分かりやすい。スマホプランRを利用しているが、もう少しデータ容量が欲しいという人に合うプランだ。なお、スマホプランSとRは通話オプションの加入とau IDの登録で、13カ月間データをそれぞれ+1GB、+2GB増量するキャンペーンを行っている。

 Y!mobileとの違いは、10分かけ放題がオプションになっていること。シンプル20と比較すると、素の料金はスマホプランVの方が安いが、10分かけ放題を加えると月額4680円になってUQ mobileの方が高くなる。しかしスマホプランVは家族割を適用できるので、その場合は4180円となってUQ mobileの方が安くなる。

●ソフトバンク、auの料金プランでそれぞれ比較

 Y!mobileとUQ mobileのユーザーには、今回の新料金プランで選択肢が増えたわけだが、気になるのが、メインブランドであるソフトバンクとauのユーザーが、これらサブブランドの新プランに乗り換えるべきかという点だ。

 まずはY!mobileのシンプル20を、ソフトバンクの「ミニフィットプラン」と「メリハリプラン」と比較する。段階制のミニフィットプランは1GBまでなら月額3980円でシンプル20より安いが、2GBだと5980円で高くなってしまう。ソフトバンク自身も料金プランのサイトで「1GB超は定額プラン(メリハリプラン)がお得です」と案内している通り、2GB以上使う時点でY!mobileも選択肢に入れるべきだろう。

 メリハリプランは月額7480円で50GBまで利用できる。シンプル20より3000円高いが、3000円で+30GB使えると考えると、お得かもしれない。ただ、20GBで十分という人にはシンプル20の方が当然お得。しかもシンプル20は国内10分かけ放題が含まれており、低速時の速度も1Mbpsで済む(ソフトバンクは128kbpsまで下がる)。

 auの「ピタットプラン 4G LTE」は、ソフトバンクのミニフィットプランよりも良心的な価格設定となっており、月額2980円〜5980円で7GBまで利用できる。しかし1GBを超えると4480円に達してしまい、UQ mobileのスマホプランVより高くなってしまう。単純に比較すれば、1GB以上データ通信をするならスマホプランVの方がお得だ。

 auの無制限プラン「データMAX 4G LTE」は月額7480円なので、スマホプランVより3500円高い。この差にどれだけ価値を見いだせるかだが、20GBあれば十分という人にはスマホプランVは有力な選択肢になる。

 20GBがちょうどいい人には魅力的な両プランだが、注意点もある。ソフトバンクからY!mobile、auからUQ mobileへの乗り換えはMNP扱いになり、MNPや新規契約の手数料、そして料金プランによっては更新月以外の解約だと解約料が発生する。解約料の9500円、MNPと新規契約の手数料3000円を合わせると、移行するだけで1万5500円ものコストがかかる。

 Y!mobileからソフトバンク、UQ mobileからauに移行する際は、手数料を免除したり月額料金を割り引いたりするキャンペーンを実施している。サブブランドへ移行すると値下げになるのでキャンペーンは不要だろうが、せめて手数料は免除してほしいところ。なお、ソフトバンクとY!mobileは2021年春をめどにMNP手数料は撤廃する予定。

●ドコモの料金プランと比較

 Y!mobileとUQ mobileの新料金プランを受けて、NTTドコモが直ちに対抗策を出すことはないようだが、ドコモのプランと比較するとどうか。

 まず、段階制プランの「ギガライト」は、3GBに達すると3980円でUQ mobileのスマホプランVと同額に。3GBを超えると4980円となりY!mobileのシンプル20を超えてしまう。3GBがお得かどうかのボーダーラインといえる。一方、ギガホは月額6980円で30GBだが、現在はキャンペーンにより60GBまで増量されている。40GBの差は大きく、ここをどう見るかに懸かっている。

 ドコモは、NTTによる完全子会社化に伴うTOB(株式公開買い付け)が終わるまで新たな戦略を打ち出せないとしているが、裏を返せば、それ以降に新たな料金施策を発表する可能性が高い。Y!mobileのシンプル20が提供開始する12月下旬には、ドコモの新施策も発表されているかもしれない。

●主要MVNOの料金プランと比較

 続いて、主要MVNOとも比較してみよう。今回は「IIJmio」「mineo」「OCN モバイル ONE」をピックアップした。IIJmioは20GBのプランは提供していないが、オプションで20GBのデータ容量追加できるので、最もデータ容量の少ない「ミニマムスタートプラン」との組み合わせで比較。mineoとOCN モバイル ONEは20GBのプランを提供しており比較しやすい。

 シンプル20はOCN モバイル ONEの4400円とほぼ同じで、IIJmioとmineoよりも安い。シンプル20は低速時が1Mbps、10分かけ放題が含まれているのが大きい。スマホプランVは、3社のいずれよりも安く、低速時は1Mbps。

 20GBプランではY!mobileとUQ mobileに軍配が上がる。

 参考までに楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」とも比べてみたが、初年は無料、2年目以降も月額2980円で自社エリアで使い放題というインパクトはやはり大きい。あとはエリアがどれだけ広がっているかに懸かっているだろう。

●まとめ

 Y!mobileのシンプル20とUQ mobileのスマホプランVは、3キャリアの大容量プランほどの容量はないものの、3000円ほど安く、20GBで十分という人にとっては非常に魅力的なプランだ。MVNOの20GBクラスのプランと比較しても、低速時は1Mbpsというアドバンテージがあり、価格競争力は高い。そしてY!mobileとUQ mobileは昼の混雑時にも低速になることはなく、通信品質もキャリア並み。乗り換えのハードルはあるものの、キャリアも含めた幅広いユーザーにとって、有力な選択肢になりそうだ。