DJIは4月28日、8K撮影機能を搭載したオールラウンドタイプドローン「DJI Mavic Air 2」を5月21日から出荷を開始すると発表した。

 4Kビデオを最大60fps、120Mbpsで撮影できるMavicシリーズ初のドローンで、HDR動画、1080pで120fpsの4倍スローモーション、1080pで240fpsの8倍スローモーション撮影も可能だ。静止画で8K(8000×6000ピクセル)撮影が可能で、動画では4K Ultra HD(3840×2160ピクセル)が最大。バッテリー駆動時間は最大34分。

 大型の1/2インチカメラセンサーを搭載し、プログラミングされた高度なフライトモードやインテリジェント機能、撮像技術により、プロのような映像が簡単に撮影可能としている。重量は570g。

 価格は10万5600円。Fly Moreコンボセットが13万2000円。いずれも税込。

[MACお宝鑑定団]