米連邦議会下院司法委員会は5月1日(現地時間)、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOに対し、同社の不正競争問題について証言するよう要請したと発表した。ベゾス氏への要請書簡には公聴会の日程などは記されていない。

 米Wall Street Journalが4月23日付の記事で、Amazonが自社のプラットフォーム上で営業するサードパーティの販売業者の機密データを使って競合製品を開発・販売していると報じたことを受けたもの。

 委員会は、この報道が真実であれば、昨年7月の公聴会でAmazonが行った証言と矛盾しており、刑事責任が問われるとしている。また、昨年9月にデジタル市場におけるAmazonの役割を調査する目的で、関連する文書を要求したにもかかわらず、Amazonは適切に対応していないと指摘した。

 委員会はベゾス氏への書簡で「進行中の調査、最近の報道、以前の公聴会でのAmazon幹部の証言に照らし、AmazonのCEOとして委員会の前で証言することを求める」と要求した。

 本稿執筆現在、Amazonからの発表はまだない。