スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で5月5日の午後6時から7時まで、ポケモン捕獲時の「ほしのすな」が普段の2倍になるイベントが行われます。これは、毎週火曜日の夜に1時間だけ実施される「スポットライトアワー」。今回は「シェルダー」が多く出現します。

 ポケモンGOを運営する米Nianticの発表によると、5月のスポットライトアワーは、先行実施している「ジェネレーションチャレンジ」と連動した内容になるようです。毎週、異なる地方のポケモンをピックアップ。出現率アップと1種類の特典を組み合わせました。これらのポケモンはすべて“色違い”も実装しています。

・5月5日はカントー地方のポケモン「シェルダー」が多く出現。ポケモンを捕まえたときの「ほしのすな」が通常の2倍になります

・5月12日はジョウト地方のポケモン「ヒマナッツ」が多く出現。ポケモンを捕まえたときの経験値(XP)が通常の2倍になります

・5月19日はホウエン地方のポケモン「ポチエナ」が多く出現。ポケモンを捕まえた時に獲得できる「ポケモンのアメ」が通常の2倍になります

・5月26日はシンオウ地方の「ドーミラー」が多く出現。ポケモンを博士に送ったときにもらえる「ポケモンのアメ」が2倍になります

 イベントを活用すれば、ポケモンの強化に必要な「ほしのすな」や、普段はなかなか出現しないポケモンのアメを効率良く集められます。例えば、伝説レイドに出現中の「ダークライ」は「幻のポケモン」のためポケモン交換ができませんが、26日のスポットライトアワー中に博士に送れば通常の倍のアメが手に入ります。

 また6日には伝説レイドのボスポケモンが「ギラティナ アナザーフォルム」に切り替わり、午後6時から7時までは「レイドアワー」も実施予定。新型コロナウイルスの影響で外出を自粛しなければならない中、新しいプレイ様式が見えてきたようです。