米Googleが4月末に発表した無料版「Google Meet」で5月7日(現地時間)、新規会議の開始が可能になった。G Suite担当副社長のハビエル・ソルテロ氏がツイートで発表した。本稿筆者のAndroidおよびiOSアプリ、PCのWebブラウザで既に利用可能になっている。

 アプリの場合は、起動画面に「+新しい会議」ボタンが表示されるようになったので、これをタップするとハイフンで繋げたランダムな10文字で構成される一意の会議コードと「共有」が表示されるので、これをタップして共有方法を選び、メールなどで相手を招待できる。

 相手はMeetアプリをインストールしていなくてもいいが、G Suite内のGoogle Meetと異なり、Googleアカウントが必須だ。招待されたらWebブラウザかアプリで会議に参加することを選択し、主催者が承諾するとすぐに参加できる。

 Webブラウザの場合はGoogle Meetのページで「ミーティングを開始」をクリックし、指示に従っていけば会議を開始できる。

 Google MeetはG Suiteの一機能として提供されてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響でWeb会議の需要が高まったことを受け、単体の無料サービスとしての提供が開始された。無料版では1つの会議に参加できるのは最大100人まで。9月30日までは連続300時間会議を続けられるが、それ以降は60分までになる。