米Facebookは5月8日(現地時間)、Webブラウザ版Facebook.comの新デザインを世界のユーザーに提供開始したと発表した。2019年のF8で予告していたもので、ダークモードも選択可能だ。

 一部のユーザーには既にテストで表示されていたが、同日から全ユーザーにロールアウトし、手動で新デザインに切り替えられるようになった。

 新デザインに切り替えるには、右上の[▼]メニューに「新しいFacebookに切り替える」という項目が表示されるようになったら、これをクリックすることで新デザインに切り替えられる。今のところ、いつでも旧デザインに戻れる。

 ダークモードへの切り替えも、右上の(▼)メニューから行える。

 Facebookはこの新デザインで「より速く、使いやすく、ダークモードで目にやさしくなった」としている。ダークモード以外の目立つ違いは、中央のニュースフィードの幅が狭くなり、各ボタンが大きくなり、ページトップにあったFacebookのイメージカラーの青い帯がなくなったことなどだ。

 左右のカラム(ナビゲーション)を見やすくし、動画、ゲーム、グループを見つけやすくしたとFacebookは説明している。また、ページ間の切り替えの読み込みが速くなったという。

 マーク・ザッカーバーグCEOは昨年のF8でこの変更を発表した際、ニュースフィードよりも、よりプライベートな「グループ」と「イベント」を中心に据えると予告していた。