PayPayは6月26日、スマートフォン決済サービス「PayPay」を導入する東京都内の加盟店で新型コロナウイルスのクラスター感染が発生したときに、PayPayの決済履歴がある利用者へ通知する機能「東京版新型コロナ見守りサービス」を27日から提供すると発表した。

 利用者はアプリを開き、機能一覧から「新型コロナ通知」のアイコンをタップ。利用規約に同意すると、通知が受け取れるようになる。機能を使っていることや、通知を受け取ったことなど、利用者の個人情報は外部へ提供しないとしている。

 同社によると、加盟店の申告でクラスターが発生した店舗情報や発生日時を把握し、該当するユーザーへ知らせるという。期間は未定だが、ワクチン開発など新型コロナウイルス感染症が終息した段階で提供を終了する。

 都で6月19日に休業要請が全面解除されたことを受け、「クラスター発生時の感染リスクを早期に把握することで、ユーザーが保健所などへの相談や、他者への感染を抑止する行動にもつなげることができる」(同社)としている。

 都は26日、新型コロナウイルス感染症のクラスター情報を通知するサービス「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」の協力事業者を発表。「新型コロナ・テックパートナー企業」としてPayPayの他、KDDIなど5社を選定している。