ヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEは6月30日、10月をめどにしていた経営統合に遅れが生じていると発表した。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、経営統合の一環として進めているLINE株の非公開化の手続きが滞っているという。

 ZHDとLINEは2019年11月、「日本とグローバルでの熾烈(しれつ)な競争を勝ち抜く企業グループへと飛躍を目指す」(両社)として経営統合を発表。12月には統合に向けた最終合意を行い、20年10月に統合を終える予定だった。

 統合に向けた取引の一環として両社はLINEを上場廃止とする。しかし、新型コロナの影響で、一部の国で上場廃止の手続きに遅れが生じているという。これに伴い、経営統合の時期も後ろ倒しになる見込み。

 両社は経営統合に向けた取引について、「手続き上の問題があるわけではなく、経営統合の条件や方法の変更もない」としている。