KDDIは7月10日、スマートフォンの長時間使用をやめられない「スマホ依存」に関して、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共同研究を始めたと発表した。脳科学やAI技術を活用してスマホ依存の実態調査や研究を行い、2024年度中に依存症の改善や予防に役立つアプリの実用化を目指す。

 研究にはKDDIの他、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)、脳の活動の解析技術を手掛けるATR、脳科学に基づく医療機器の開発などを行うXNef(京都府相楽郡)が参加。AIを使ってスマートフォンの位置情報や操作履歴から依存状態を検知する研究や、スマホ依存を引き起こす脳活動の可視化から治療方法を探る研究などを行う。

 今後は医療機関とも協力し、スマートフォンの使用状況から、スマホ依存以外の精神疾患を見つける技術などの開発も行うとしている。