米Googleは7月13日(現地時間)、オンラインイベント「Google for India 2020」を開催し、インドで向こう5〜7年間にわたって約100億ドル(約1兆円)を投資する「Digitization Fund(デジタル化ファンド)」を立ち上げたと発表した。

 投資は、株式投資、提携、インフラやエコシステムの支援を組み合わせて行う。ピチャイ氏は「これは、インドとそのデジタル経済の未来に対するわれわれの自信を反映している」と語った。「モディ首相、インド政府、インドのあらゆる規模の企業と協力して“デジタルインド”のビジョンを実現できることを楽しみにしている」(ピチャイ氏)。

 投資分野は主に以下の4つ。

・多様な言語を話す10億人のインド国民が、安価で簡単な情報へのアクセスを入手できるようにする

・インド固有のニーズに関連する新製品とサービスの構築

・デジタル化する企業の支援

・医療、教育、農業などの分野でのテクノロジーとAIの社会的利益のための活用

 Googleは2015年から毎年、「Google for India」イベントを開催している。同社はこれまで、安価なAndroid端末「Gogle One」のインドでの発売や、子ども向けヒンディー語および英語学習Androidアプリ「Bolo」の無償提供などでインドのデジタル化を支援してきた。また、AIを利用したGoogleマップでの洪水発生予測も提供している。