東急電鉄、LINE Payらは7月15日、東急線の各駅に設置した券売機でモバイル決済サービス「LINE Pay」の残高チャージを行えるサービスを始めた。券売機に表示されるQRコードをLINE Payアプリで読み取り、券売機に現金を入れるとチャージできる。このような取り組みは日本初という。

 東急電鉄の親会社である東急と、GMOペイメントゲートウェイが開発した「駅券売機スマートフォン決済チャージシステム」を採用。チャージに対応する時間は午前5時30分から午後11時まで。1回当たりのチャージ額は1000円から4万9000円まで。手数料は無料。

 東急電鉄は「日常生活に身近な駅で、気軽にモバイル決済サービスにチャージできる環境を整え、東急線沿線のキャッシュレス化を推進する」としている。