米Microsoftの音声アシスタント「Cortana」の消費者向けアプリおよびサービスの多くが2021年に終了する。Microsoftは8月1日(米国時間)、「Upcoming changes to Cortana」と題したサポートページでCortanaフェードアウトのロードマップを提示した。

 同社はCortanaをOfficeやクラウドサービスなどを含むサブスクリプションサービス「Microsoft 365」のためのAIベースデジタルアシスタント体験として再定義することを理由に、Cortanaサードパーティースキルのサポートを9月7日で終了。21年初めにはiOSおよびAndroid向けCortanaアプリのサポートを終了する。

 Cortanaサービスを組み込んだスマートスピーカーの「Harman Kardon Invoke」のサポートも21年1月に打ち切る。この発表前に同製品のCortana機能を利用したことのあるユーザーには50ドルのギフトカードを提供する。

 Cortana搭載をうたっていた第1世代「Surface Headphones」は21年1月から「Hey Cortana」やタッチパッド操作でCortanaを呼び出せなくなる。