アイリスオーヤマは8月4日、2021年度新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、非接触で発熱を検出する「AIサーマルカメラ」やネット通販事業が拡大したことから、人材強化を図る。

 低調な決算を発表する企業が続出する中、同社はグループ28社における2020年度の売上高見通しを、当初の6000億円(前年度比20%増)から7000億円(同40%増)に上方修正。好調のAIサーマルカメラ事業やEC事業に加え、国内でマスクの生産設備を導入したことなど、コロナ禍に合わせて事業を変革したことが成長につながっているという。

 新卒採用では、2021年度入社から通年採用を新たに導入。海外の大学在学中で卒業時期が日本と異なる学生や、スポーツなどの活動で就職活動が十分にできない学生にも対応し、多様な人材を確保するという。