メルカリは8月4日、無許可販売が規制されている医薬品うがい薬の出品がフリマアプリ「メルカリ」で相次いでいる件について、該当する出品を順次削除していると明らかにした。合法の医薬部外品の出品についても、市場価格と著しく異なる高額商品は削除などの対応を検討しているという。

 大阪府が医療機関らと8月4日に開いた共同会見で、消毒薬として用いられるポビドンヨードを含むうがい薬の新型コロナウイルスへの影響に言及。会見直後から、うがい薬がメルカリなどのフリマアプリに多数出品された。その中には、医薬品医療機器等法で無許可販売が禁止されている医薬品うがい薬「イソジン」なども含まれていた。

 このような事態を受け、メルカリは医薬品医療機器等法と医薬品・医療機器に関する自社の出品ルールに基づき、医薬品に該当する商品は順次削除を行っているという。同じく多数出品されている医薬部外品のうがい薬も「今後の状況なども鑑み、著しく高額な商品は削除などの対応を検討、実施していく」(同社)としている。