コロプラは8月5日、2020年9月期第3四半期累計(19年10月〜20年6月)の連結決算で、営業利益が前年同期比18.9倍の92億9400万円に拡大したと発表した。スクウェア・エニックスと共同開発し、19年9月にリリースしたスマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の売り上げが好調だった。

 売上高は326億5400万円(前年同期比18.4%増)に伸び、最終損益は66億800万円の黒字(前年同期は1億4900万円の赤字)に転換した。前年は自社タイトル「白猫プロジェクト」など既存のゲームが低調に推移していたが、20年は人気IP「鬼滅の刃」とコラボしたイベントの効果で、同タイトルなどが復調した。

 第3四半期は新型コロナウイルスの感染が拡大したため、一部タイトルでイベントの開催を見合わせたが、ユーザーの外出自粛の影響で、DAU(日間アクティブユーザー数)やプレイ時間、継続率は安定していたという。

 同社は6月、コロナ対策として1カ月ごとに適切な出社率を定め、それに応じて社員の働き方(出社か在宅)を決める「フレキシブルワークスタイル制度」を導入した。だが、その影響で在宅勤務が増えたため、新作の開発に遅れが出ているという。

 第4四半期は、白猫プロジェクトの6周年に合わせたイベントを7月末にスタート。9月にはドラクエウォークの1周年も控えている。新作の開発も引き続き取り組む。

 「事業環境の短期的な変化が激しく、適正かつ合理的な数値の算出が困難」として、通期予想は開示しなかった。