前回は、3Dキャラクター生成ソフトの「Character Creator」と写真1枚から顔と髪形の造形ができるプラグイン「HeadShot」を使って、写真しか遺されていない人を3D化して、光造形3Dプリンタでフィギュアにするところまでやってみた。

・光造形3Dプリンタで作る、世界で一つだけのフィギュア リアルな人体モデルを作る最短の方法

 その後、リトライしながら妻のフィギュアを合計6体製作することに成功した。製作を重ねるにつれ、造形のおかしい部分がかなり減少していた。セットアップからわずか1週間でここまで到達できるとは予想していなかった。だが当面の目的を果たしてしまうと、せっかく始めた連載が早々に終わってしまう(それはそれでいいのだが)。

 一方、フィギュアを手にしたことで、さらにチャレンジしたいことも出てきた。

・(1)現状のプリントサイズ上限(120×68×150mm)よりも大きなサイズで出したい

・(2)出来上がったモデルデータを分割して大きく出力し、それらを組み合わせたい

・(3)さまざまな素材を使ってみたい

・(4)色を塗りたい

 このうち、(2)と(4)は自分のスキルを向上させればいいだけの話だ。

 まずは(2)。HeadShotで生成した人体モデルは、業界標準の.objや.fbjフォーマットでエクスポートできる。これを他のアプリで編集し、一部だけを書き出すことができれば、ELEGOO MARSの狭い領域に収まるサイズで、大きくプリントできる。

 これに関しては、米Autodeskの3DCADソフト「Fusion 360」を使い、ブーリアン演算することで一部を切り出すことができそうなので、現在勉強中。Fusion 360はパーソナルな利用ならば無料で使えるそうなので、しばらくはこれで試そうと思う。メカニカルな設計をするわけではないが、将来的に必要になることがあるかもしれないので、こうしたスキルを身につけておくに越したことはない。

 (4)は、ガレージキットやプラモデルの彩色をしている人たちのYouTube動画を見るなどして情報収集中だ。ペンを使った細かい作業は老眼にはきついだろうが、ここを他人に任せたくはない気持ちもある。なにせ時間は死ぬまであるので、ゆったり構えて学んでいこうと思う。

 この2つ以外も、ある程度方向が見えている。

 まず、(1)のプリントサイズ問題。今はできる範囲でやっているのでそれほど不満はないし、これ以上大きくするとプリントの不安定さが増しそうで怖くもある。ただ、低価格帯での光造形方式で、さらに精度が上がり、ひとまわり大きなサイズをプリントできる新製品が登場しているので、そこは期待できそうだ。ELEGOOであればSATURNという上位モデルが既に販売されている。価格は高めだが、国内販売も予定されている。

 SATURNはその名の通り、より大きなサイズをプリントできる。モノクロの4K液晶パネルを介して紫外線を照射するため、従来のカラー液晶よりも照射効率がよく、その分高速にプリントできる。さらに、従来は2K解像度だったのが4Kになることで、解像度も向上。さらに、パネルサイズも大きくなっているのでプリントサイズ(XY方向)も大きくなる。192×120×200mmと、ちょっと小さめのFDM(熱溶解)プリンタくらいの領域を立体化できる。これが米国での価格が400ドル。国内代理店では8万円以上の価格がついているが、サポートなどを考えると検討には値するだろう。このパネルが出回ることでライバルメーカーも同等スペックの低価格機を投入してくるはずなので、2020年後半はさらにSLA(光造形)モデルの魅力が増していきそうだ。

 (3)でさまざまな素材を試してみたいと書いたが、現在のレジンに特に不満があるわけではない。ただ、FDMの人たちがフィラメントの素材をめぐって試行錯誤しているのをみると、ちょっとうらやましく思ったのだ。PLA、ABS、PETG、TPU、さらに木材チップ入りPLA……。

 FDMならばプリントサイズの問題も素材も解決できそうだし、ひとつ検討してみるか。

 光造形3Dプリンタでは選択肢が少なく、価格や評価、そしてYouTubeなどによる情報など、絞り込む要素に恵まれていた。それに対して、FDMは千差万別。どこがポイントだか分からない状態で、「買う気はあるんだけどどれを買っていいか判断がつかない」という人は多いようだ。かくいうわたしもその一人でね。

 そうこうしているうちに、友人がFDM方式の3Dプリンタを買った。組み立て作業が必要な製品で、米国では259ドルで売られている。中国メーカーCrealityの「Ender-3 Pro」という製品だ。Ender-3は世界的ベストセラーで、この普及機価格帯では標準といっていいらしい。その分、ノウハウはネットにあふれているし、換装用パーツも充実している。

 Ender-3 Proの場合、組み立てに自作PCに手慣れた人でも2時間くらいは要するらしい。

 この手間を省きたいのであれば、同じもののODM品を日本のcheeroが販売しているので、それを選ぶというチョイスもあるだろう。

 このEnder-3の新世代モデルで「Ender-3 V2」というのが出た。組み立てや設定が楽になり、静粛性も高まっているという触れ込みだ。各パーツも改良されているっぽい。これが、中国の通販サイトBanggoodで売ってるよ、2万7000円ちょっとだよ、1週間くらいで届くよ、という話をZoom飲み会しているときに聞いて、そのままポチってしまった。酒の席は怖いですね。

 もっと上のクラスではOriginal Prusaという製品が自分の周辺ではお勧めされている。こちらはチェコのジョセフ・プルーサさんが起業したPrusa Researchが開発・販売しているシリーズで、自分自身でパーツをプリントして使うというコンセプトを実行しているユニークな製品だ。SF作家・野尻抱介さんの「南極点のピアピア動画」に出てくる自己増殖型工場の初期段階みたいで興味深くはあるが、セミキットの場合には組み立てにフルに8時間かかるというのと価格は10万円以上というので、「もうちょっと大人になってから」と今回は見送ることにした。

 というわけで、光造形3Dプリンタの様々な展開を考えた末に、FDM方式プリンタをオーダーして、それを心待ちにしている。

 次回は、Ender-3 V2が届いてからの話になる予定だ。