LINE傘下のLVC(東京都品川区)は8月6日、独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK」の取り扱いを日本でも始めた。LINEが日本国内で運営する暗号資産取引所「BITMAX」で取引を開始した。

 LINKは、LINEグループ会社のLINE TECH PLUS(シンガポール)が独自のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤として発行した暗号資産。同社は2018年8月に発行を始め、日米以外の地域の居住者を対象にした暗号資産取引所「BITBOX」で取り扱いを始めた。20年2月には米国在住者も対象にした暗号資産取引所「BITFRONT」の運営を始め、取引の範囲を拡大してきた。

 BITMAXで取引できる暗号資産は、LINK、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン。BITMAX上で日本円と交換することも可能。

 今後はコミュニケーションアプリ「LINE」上のコンテンツへのレビューに対する報酬や、LINEスタンプなどのクリエイターに対する還元にLINKを活用するなど、LINEで提供するサービスとLINKを連携した経済圏の拡大を目指す。