ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が11月12日に発売する次世代ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の予約受付が9月18日から順次始まった。そうした中、一部ECサイトではPS5を高額出品する動きが出てきている。Amazonのマーケットプレイスでは最大で50万円の出品もあり、SNSでは怒りの声が噴出。Twitterのトレンドでは一時、「Amazon」や「転売ヤー」などのキーワードが上位にランクインした。ソニーは高額出品をやめるよう呼び掛けている。

 PS5の希望小売価格は4万9980円(税別)。Amazon.co.jpで検索すると、検索結果に35万円以上の出品が出てくる。これらは、Amazon公式ではなく、Amazonから販売許可を得た「Amazonマーケットプレイス」の登録業者による高額出品だ。中には50万円で出品し、「キャンセル不可」とした上で「キャンセルの場合は迷惑料として5万円をいただきます」とする出品者もいた。

 こうした高額出品者に対し、Twitterでは怒りの声とともに注意喚起が行われている。

 誤って購入をしてしまったと投稿するも、その後無事にキャンセルできたユーザーもいるようだ。

 Amazonではマーケットプレイスに対し、適正価格の設定に関するポリシーを規定している。ポリシーによると、出品価格の設定が購入者の信頼を損なっているとAmazon側が判断した場合、出品の取り下げや最悪の場合、出品権限のはく奪といった措置を取る場合があるという。

 多発する高額出品に対し、ソニーはコメントを発表。ITmedia NEWSの取材に「こういった行為は止めていただきたい。販売店と緊密に協力しながら、できるだけ多くのお客様に希望小売価格でご購入いただきたい」としている。

 PS5の予約販売を巡っては、ソニーストアやビックカメラなどは抽選で購入者を決める一方、楽天ブックスなどは先着順で購入を受け付けるなど対応が分かれていた。