米Microsoftは9月21日(現地時間)、「Doom」や「Fallout(フォールアウト)」などの人気ゲームを輩出するBethesda Softworksを傘下に持つ米ZeniMax Mediaを買収すると発表した。買収総額は75億ドル(約7800億円)。取引は現金で行われ、完了は2021年前期中の見込み。

 Microsoftのクラウドゲームサービス「Cloud gaming(Beta) with Xbox Game Pass Ultimate」(コード名「Project xCloud」)のコンテンツ拡充が目的。サティア・ナデラCEOは発表文で「高品質なコンテンツは、MinecraftからFlight Simulatorまで、Xbox Game Passの成長と価値の原動力だ。Bethesdaは、実績のあるゲーム開発パブリッシャーとしてあらゆるジャンルのゲームで成功している。(この買収で)世界で30億人を超えるゲーマーを力づけるという野心を強化する」と語った。

 買収により、Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、Roundhouse Studiosなどのゲームスタジオやパブリッシャーを傘下に納める。これらのスタジオによる主なゲームは、The Elder Scrolls、Fallout、Wolfenstein、DOOM、Dishonored、Prey、Quake、Starfieldなどだ。MicrosoftのXbox Game Studiosのチームはこれまでの15から23に増える。

 Arkaneのゲーム「DEATHLOOP」やTango Gameworksの「GhostWire: Tokyo」は、ソニーが11月12日に発売する「PlayStation 5」(PS5)独占(PS5でのみ提供する)の予定だ。

 Xbox責任者のフィル・スペンサー氏は米Bloombergに対し、「DEATHLOOP」と「GhostWire: Tokyo」のPS5での独占は「尊重する」と語った。ただし、Bethesdaの将来のゲームは、XboxとPC以外のゲーム機に提供するかどうかはケースバイケースだとした。

 Microsoftは4月、Xbox Game Passと競合する米NVIDIAのゲームストリーミング「GeForce NOW」からXbox Game Studiosのゲームを引き上げている。