日本電信電話(NTT)とNTTドコモは9月29日、NTTがドコモの株式全てを公開買い付け(TOB)し完全子会社化すると発表した。買い付け総額は4.3兆円。ドコモの吉澤和弘代表取締役社長は社長職を退き、現副社長の井伊基之氏が代表取締役社長に就く。

 NTTは同日の時点でドコモの発行済の約66%(約21億株)を保有する筆頭株主。今回のTOBで約11億株を取得する。NTTコミュニケーションズやNTTコムウェアなどのグループ企業のドコモへの移管も検討しているという。

 ドコモの完全子会社化により、移動通信事業や固定通信事業などNTTグループが持つ通信事業などの連携を強め、競争力を強化する狙い。

 ドコモは5Gなどの通信事業において、安定的な通信を低価格で提供できるようにする他、サービス創出力の向上、顧客基盤の拡大、6Gなど次世代の通信技術の実用化に向けた研究開発力の強化などを行う。