米Facebookは10月26日(現地時間)、FacebookアプリとWebブラウザでプレイできるクラウドストリーミングゲームをまずは米国の一部地域で公開した。Microsoft、Google、Amazonに続く、IT大手によるクラウドゲーム参入になる。

 ただし、MicrosoftのxCloud、GoogleのStadia、AmazonのLunaと異なり、サブスクリプション制ではなく、少なくとも立ち上げ段階では無料だ。また、専用のアプリがあるわけではなく、Facebookアプリの「ゲーム」タブやニュースフィード上からそのままゲームを始められる。つまり、ゲームでの収益アップではなく、Facebook上でのユーザーの滞在時間を増やし、広告収入につなげることが目的だ。

 立ち上げ段階のゲームのラインアップは、Gameloftの「Asphalt 9: Legends」、Moontonの「Mobile Legends: Adventure」、Concrete Softwareの「PGA TOUR Golf Shootout」など。いずれも既にモバイルアプリが出ているものだ。Facebook内でプレイするメリットは、アプリをダウンロードしなくていいことや、Facebookアカウントでログインできること。さらに、例えば既にゲームのAndroidアプリを持っている場合は、PCのWebブラウザでプレイしていたゲームの続きを同じFacebookアカウントでAndroidアプリにログインしてプレイできる。また、実名ではなく「Player Name」とアバターでプレイできる。

 FacebookはiOS版Facebookアプリがゲームストリーム機能に対応しないことについて、「Appleは新しいクラウドゲームに関するポリシーに変更したが、それでもFacebookアプリにゲームストリーム機能を追加できるかどうか分からない。(中略)Webブラウザに対応するとはいえ、Safariで提供できるものには制限がある」とし、「Appleはゲームの扱いを変え、貴重なリソースを管理している」とAppleを非難した。

 Facebookは8月、ライブ動画の新機能追加に当たり、Appleの30%の手数料について批判し、iOS 14のプライバシー機能が広告主に影響すると批判した。