新型コロナ感染症の流行により、鉄道業界は大打撃を受けている。東京オリンピック・パラリンピックで期待されたインバウンド需要は、コロナ禍による入国制限でなかったことに。7月の訪日外国人数は前年比99.9%減を記録した。都市部では3月からの外出自粛要請の影響もあり、テレワークへの移行が大幅に進み、定期券の解約にもつながっている。

 日本最大の鉄道会社のJR東日本は特に深刻な影響を受けている。2020年7月から9月までの運輸収入は前年度比45.8%の4343億円まで落ち込んでいる。終電時間の繰り上げやオフピーク運賃の導入など、新しい日常への対応を進めている。

 そんな中、JR東日本は11月27日、持て余した鉄道車両を生かしつつ、テレワークの需要に応えるユニークな取り組みを始めた。成田エクスプレス(N'EX)で使われているE259系電車を駅に留め置き、シェアオフィスサービス「STATION WORK」のコワーキングスペースとして貸し出す実証実験だ。27日と28日の2日間限定で実施される。

 利用料金は15分100円(税別)。追加料金なしでグリーン車も利用できるという。コワーキングスペースとしての成田エクスプレスの体験を、記者がレポートする。

●全席コンセント配備 オフィスチェアより快適かも

 STATION WORKは、JR東日本が2019年から展開しているシェアオフィスサービスだ。利用するスペースをスマホ上で予約して、決済はクレジットカードで行う。駅ナカに設置された個室型のシェアオフィス「STATION BOOTH」が本来のサービスだが、今回のN'EXでのスペース予約も同じサイトから行える。

 会員登録後、実証実験サービスの提供日時を選択すれば「成田エクスプレスA〜E」という項目が表示される。予約システムの都合上、5項目に別れているが、座席の指定はない。利用時に空いていればグリーン車も追加料金なしで利用可能だ。料金は予約時に表示され、利用する時間に応じて30分なら220円、120分なら880円(いずれも税込)となっていた。

 STATION WORKの会員サイトで表示されるQRコードを、両国駅3番線ホームの入り口にある受付で提示して利用する。受付時にはサービス案内のパンフレットとアンケート、除菌ウェットティッシュのセットを手渡された。改札外にある駅のコンビニやそば屋で使えるクーポンも入っていた。列車は動いていないため、いつでも外に出てリフレッシュできる。途中退出してコンビニなどに寄ることも可能だ。

 27日午後の時間帯には普通車はほとんど人がおらず、6両編成のうち1両の半分しかないグリーン車は人気が集中しているようだった。それでも、1人で左右の2席を占有できる程度の余裕はあった。

 グリーン車は椅子が合皮製で座り心地が良く、フットレストも備わっている。テーブルは大きく、モバイルノートPCとスマホ、飲み物を置いても余裕がある。もちろん電源も各席にある。室内照明は電球色のため、適度に休息をいれつつ、ゆったりと働くには適しているだろう。

 もともとが空港向けのビジネス特急なだけあり、普通車も2席+2席の配置となっている。各座席の占有面積も大きく、リクライニングも効くため、電車の座席とはいっても一般的なオフィスチェアよりも快適と感じた。コンセントは普通車も全座席に備えており、各座席の肘掛けに設置されている。

 テレワークに必要な通信は、JR東日本が提供する「JR-EAST FREE Wi-Fi」が無料で使える。E257系に元からある車内Wi-Fiで、バックボーンはWiMAX回線だ。実効速度は下り10Mbps以下とそれほど高速ではないが、メールやメッセージのやりとり程度なら十分こなせる。駅にとどまっているため、走行中よりも安定した通信ができていると思われる。

 車内環境はテレワークという趣旨もあり、黙々とPCに向き合っている人が多い印象。静かな車内にキーボードのタイピング音がカタカタと響いていた。

 座席での通話はできず、通話はデッキで行うよう案内される。電話には対応できるが、オンライン会議に参加して発言するのは難しそうだ。

【訂正:2020年11月27日午後10時 記事公開当初、「今回はコンパートメント席(個室)が開放されていなかった」としていましたが、今回の車両にはもともとコンパートメント席がなかったため記述を削除しました】

 車内はコロナ対策で換気を常に行っているため、エアコンの動作音は大きめだ。特に人口密度が高めなグリーン車はエアコンも強力に動いているからか、一般的なオフィス環境よりもノイズが気になる印象だった。ノイズキャンセリング付きイヤフォンなどを用意した方が仕事は捗りそうだ。

●車内設備、減便、幻のホーム……たまたま実施できる条件がそろっていた

 停車中の車内は、都会のにぎやかなカフェよりは静かで、仕事に十分集中できる環境だった。Wi-Fi、電源、トイレと設備もそろっている。立派なテレワーク設備となっていた。さらには駅チカどころか駅のホーム内にあるため電車によるアクセスも良好だ。

 ただ、この取り組みは、たまたま条件がそろっていたからこそ実現できたという側面もある。都心と国際空港をつなぐ特急として開発されたN'EXのE259系は、もともとビジネス向けの利用ニーズに対応していた。特急型車両よりも余裕を持たせた座席配置と、広めの格納式デスク、電源、Wi-Fi環境はいずれもテレワークに必要なものだ。そして空港利用客が減少している現状では、減便によって車両運用に余裕が生じているのもある。

 さらに今回の実施場所となった両国駅の3番線ホームは、「幻のホーム」とも呼ばれる、臨時列車用のホームだ。現在は土休日には自転車を持ち込めるサイクルトレイン「B.B.BASE」の拠点として活用されているが、午前8時台と午後7時台の発着時のみ開放されており、日中は空いたままだ。ちなみに、この3番線ホームは両国駅がもともと千葉方面のターミナル駅として開業したなごりで残されているもの。都心に近い立地という面でもシェアオフィスとして展開する上で好都合だ。

 今回の予約システムに使ったSTATION WORKは、JR東日本の駅構内で展開するボックス型のテレワーク設備を利用するためのサービスだ。19年からサービスを始め、徐々にスポットを増やしつつある。

 つまり、テレワークに都合の良い設備を持った列車が運用から外れており、立地の良い駅に長時間列車を留め置けるホームが空いていて、予約や決済のシステムも流用できたから、“動かない列車”でのテレワークが実現できたといえる。

 将来的に電車内でのコワーキングスペースを本格的なビジネスにしていくとは現状思えない。ただし、例えば「車内で仕事をして、息抜きに観光地を楽しめる」といったワーケーション型の旅行商品の実現も見込めるかもしれない。成田エクスプレスでのテレワーク体験は、新しい日常に鉄道会社がどのように適応していくのかを考える上でもヒントとなりそうだ。