M1搭載MacBook Airを入手して実作業に投入している小寺信良さんに、4K動画編集マシンとしての新MacBook Airの実用度を検証してもらった。まずは、Final Cut Proを使った動画編集について。

 筆者は技術系のライターではあるが同時に映像技術者でもあるので、1年のうち半分ぐらいは映像コンテンツ制作やそれに関わる技術開発の仕事をしている。そんなわけでYouTuberほどではないが、しょっちゅう動画を撮影し、編集している。

 昨今はネットのライブ配信が全盛で、イベントやトークをリアルタイムで配信してしまって終わり、という動画コンテンツが増えた。こうした速報性やリアルタイム性があるコンテンツは、軽快に見られる事が優先させるので、ほとんどはHDかそれ以下の解像度で制作される。カメラやスイッチャーも、ほとんどはHD解像度でシステムが組まれるはずだ。

 一方で編集コンテンツにおいても、軽快に見られるという前提は変わらず、HDが最高解像度である事が多い。しかし収録素材としては4Kが主流になっている。例えば2人トークの2ショットを4Kで撮影しておけば、各1ショットはそこから切り出せばいいので、別途アップ用のカメラを用意する必要がなくなるからである。

 すでに多くのデジタルカメラやスマートフォンが4K撮影に対応しており、わざわざ高価なカメラを購入する必要もなくなった。スマートフォンでの4K撮影は、2014年ソニー「Xperia Z2」を皮切りに、翌15年にはApple iPhone 6s Plusが対応。それ以降、4K撮影は大いにハードルが下がったといえる。

 ただ編集となると話は別だ。4K撮影素材をそのまま編集するためには相当のマシンパワーが必要になる。筆者は2016年に13インチMacBook Proを購入したが、4K編集は単純なカット編集ぐらいはできるものの、複数レイヤーにまたがる合成などはそのままではできなかった。

 ではどうするかというと、「プロキシ編集」という方法を使う。これは4K素材から編集用の低解像度ファイルを作り、編集作業はそのプロキシデータで行う。最終に一本化して書き出す際に、元の4Kデータと差し替えてレンダリング処理するわけである。

 この方法なら、4Kはおろか8K編集でも対応できる。ただしレンダリング時間は別だ。この処理には元データを使うので、場合によっては数時間かかることがある。ただこの処理は人間が立ち会う必要がないので、昼間せっせと仕込み、夜中にレンダリングを仕掛けて朝結果を見る、といった使い方が普通だ。

 Appleの新プロセッサM1搭載Macは、11月17日の発売以降、ベンチマーク記事がたくさん出て処理能力が大幅に向上したことは分かっている。しかし具体的な実作業でどのぐらい効率が上がるのか、といった記事はまだ少ないようだ。今回は4K編集という具体的作業においてどれぐらい恩恵にあずかれるのか、という話である。

●実績で評価すると……

 今回比較するのは、筆者手持ちのマシン2台である。1つはこれまで使ってきたMacBook Pro (Late 2016) 、もう1つは今回新規購入したMacBook Air (M1, 2020) だ。スペックは以下のようになっている。価格は前者が19万8800円、後者が14万9800円と、ちょうど5万円の差がある。

 両者を比較すると、プラットフォーム的にはProとAirの違いはあるものの、ディスプレイサイズも同じ、メモリ搭載量も同じである。ストレージは、M1で8コアGPUを選ぶとストレージが自動的に512GBからになってしまうので、なりゆきで2倍になっている。現在USB 3.1 Gen 2はUSB 3.2 Gen 2に名称変更されたが、ここではAppleのスペックシートの記載に従っている。

 使用する編集ソフトは、「Final Cut Pro」バージョン10.5だ。Apple純正の編集ソフトで、M1 Mac発売の少し前にネイティブ対応バージョンとしてリリースされた。

 編集するコンテンツは、ガチのお仕事コンテンツなので一部ダミー処理させていただくが、4K/30p動画素材2つをカラーグレーディングしてクロマキー合成、サイズ変更などを行い、文字テロップほか画像のPinPなどの処理、音声トラック2つに音楽Mixを加えた、約28分の動画コンテンツである。最大画像レイヤー数は6、音声処理も合わせると同時9レイヤーとなる。

 これだけの合成になると、旧MacBook Proでは素材そのままではタイムライン上でリアルタイム再生できないので、プロキシ編集を行う事になる。ソニー製のカメラには、撮影時にプロキシデータも作ってくれるものもあるが、Final Cut Proではソフト上で生成したプロキシデータしか利用できないため、プロキシ作成もソフトウェア処理となる。

 例として4K撮影した約35分のクリップのプロキシデータ作成には、旧MacBook Proでは約38分かかる。処理中でも別の作業はできなくはないが、いじっているとその分だけバックグラウンド処理に回っているプロキシ生成が遅くなる。撮影素材が多いほど、プロキシ生成が完了するまでにかかる時間が長くなる。

 一方M1 MacBook Airでは、同じプロジェクトをプロキシではなく4Kオリジナルソースのままで9レイヤー再生できる。これまでそういうことができるのは、Mac Proか一部のハイエンドiMacぐらいしかなかったのだが、それがMacBook Airで可能になるのは驚異的だ。合計で5分10分の素材ならプロキシ編集しても時間的には大した違いはないが、素材が長尺であるほど時間的メリットが大きくなる。

 旧MacBook Proでのプロキシ編集と、新MacBook Airのオリジナル編集は、レスポンス的にはそれほど違わない。ただ旧MacBook Proでの作業は、リアルタイム再生が間に合わなくなると解像度を落としたりコマを飛ばしたりして、無理矢理リアルタイムに間に合わせる処理をしてくるわけだが、新MacBook Airで同様の合成作業を行っても、解像度が落ちることもない。プレビュー品質を「品質優先」にしてもリアルタイムで走るので、クロマキーの抜け具合など細かいところも同時にチェックできる。あとで気付いて再調整という事が少なくなるのは、手間としても助かる。

 一番気になるのは、レンダリング時間の短縮だろう。実際クリエイターの設備投資金額のうち、もっとも比重をしめるのがこのレンダリング時間の短縮にかかるハードウェア費用である。

 上記28分のコンテンツをYouTube向けHD解像度でレンダリングするのにかかった時間は、旧MacBook Proでは3時間55分であった。寝ている間にやらせているので身体的な負担はないが、もし修正が発生した場合は、また一晩かかる。納期が迫っている場合には、文字通り死活問題となる。

 一方同じコンテンツを新MacBook Airでレンダリングに要した時間は、1時間16分。時間にして約3.2倍の差が生じた。4年前のCore i5に対してこの差を十分速いと見るか、意外とそんなもんかと見るかは難しいところだが、マシントータルで見れば価格的には5万円安い、下のクラスのマシンである。コスト的には十分なイノベーションと言っていいだろう。ただ逆に現時点でこれ以上のパフォーマンスを出すハイエンドM1マシンは存在しない点には留意が必要だ。

●データで評価すると……

 レンダリング中の状態をもう少し細かく観察してみよう。アクティビティモニタでのCPU負荷を見ると、レンダリングタスクは94.6%で、ファイル圧縮タスクが31.3%となっている。

 かなり高負荷で回っているのが確認できるが、特筆すべきはGPUもかなり回っていることである。旧MacBook Pro、すなわちIntel版でのレンダリングでは、GPUも回るが、50%程度である。M1ネイティブのソフトウェアでは、レンダリング処理の仕方にも工夫があるようだ。

 M1のGPU性能はいくつかベンチマークの結果もあるようだが、ここではBlackMagic Designが提供する測定ツール「BlackMagic RAW Speed Test」の結果をご覧いただきたい。これは同社のRAWフォーマットに対してどれぐらいの解像度・フレームレートなら処理できるかを測定するものである。

 旧MacBook ProではCPU・GPU共に問題なく処理できるのが1080/60P止まりだが、新MacBook Airでは4K/50Pまで可能になっている。特筆すべきは、M1のGPU性能である。GPUだけなら8K/50Pぐらいまでならリアルタイム処理できる可能性がある。エントリー機搭載のプロセッサとしては、桁外れである。

 メモリ使用量も見てみよう。一般的な用途では8GBでも十分という考察も見られるところだが、レンダリング中のメモリ使用量は12.36GBで、9.36GBのスワップが発生している。そもそも16 GBで足りてないともいえるが、8GBではそのぶんSSDへのスワップが多くなるので、パフォーマンスは落ちるはずだ。

 ではSSD速度も測定してみよう。BlackMagic DesignのDisk Speed Testは、ドライブのスピードを計測し、各解像度とフレームレートに対して、リアルタイムでの録画・再生の可否をテストするものだ。

 これは単純に数字を見たいただいた方が早いと思うが、旧MacBook Pro搭載SSDはリードとライトスピードが非対称で、ライトの方が少し速い。とはいえ4年も使っているので、多少の経年変化は考慮すべきだろう。一方新MacBook Air搭載SSDはリードとライトの差が少なく、だいたい2700MB/s以上、4K解像度の10bit/4:2:2ファイルでも、120pぐらいまで再生・録画できることになる。

 外付けSSDのスピードはどうか。USB的には新旧どちらも同じスペックのはずである。だが実際に外付けSSDの速度を計測してみると、興味深い結果が出た。

 使用したのは、USB 3.1 Gen 2 対応のSandisk「Extreme900 960GB」である。

 このドライブ、スペックシート上はリード・ライト共に850MB/sなので、旧MacBook Proでのパフォーマンスはだいたい納得できるところだ。ところが新MacBook Airでは、その半分程度しか出ていない。ケーブル等は同じである。

 USB 3.1 Gen 2の最大理論値は10Gbpsで、旧MacBook Proのリード値865MB/sをbps換算するとだいたい6.9Gbpsぐらいである。理論値10Gbpsに対して約7Gbpsは妥当なところだ。それに対して同じドライブが、同スペックと言われるインタフェースに繋いで半分しかスピードが出ないのは問題だろう。

 ドライバのアップデートで改善できればいいが、もしM1のI/Oの性能の限界だとすると、動画編集には致命傷になりかねない。なぜならば、素材交換やアーカイブ、素材容量の都合で外付けストレージに対して編集していくというのは普通の話であり、いちいち内蔵ドライブにコピーしないとパフォーマンスが出ないというでは使い勝手が悪すぎるからである。

 また外付けSSDを接続している間、データの読み書きをしているあいだはいいのだが、しばらくデータのやり取りがないと勝手にアンマウントされてしまうという現象が見られた。OSからのアラートが出るので、OS側で自動的にアンマウントしているわけではないようだ。

 「バッテリー」の「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」をOFFにしてみたが、変化はなかった。もっともこのコマンドは、HDDに対してスピンドルを止めるコマンドを送るだけで、アンマウントさせるわけではない。もしかしたらM1は、一定時間アクセスがない外部デバイスに対して、電源供給を切ってしまうのではないだろうか。アクセスがないのでデータ的には影響ないかもしれないが、OS側が認識していない電源断はシステムとしてマズいだろう。

 今後Apple Siliconは、性能を上げながらハイエンドモデルにも展開するだろう。しかしMac ProやiMacは外付けデバイスによる拡張性が前提となっており、ポート数も2つどころでは済まない。将来のM2、M3でポート数やスピードの問題が解決できればいいが、そこが疑われるようであれば、ハイエンド市場ではApple Siliconへの乗り換えは進まないだろう。

 以降のApple Silicon搭載新モデルに関しては、まずは外部I/Oのパフォーマンスを真っ先に調査すべきである。