AppleはMacラインアップを刷新し、次期MacBook Airの薄型化とマグネット充電搭載を計画していると、Bloombergが伝えている。

 早ければ2021年の後半か2022年に発売される予定で、AppleのMagSafe充電技術と、同社の自社製Macプロセッサの次世代版が搭載されるようだ。

 Appleは、ディスプレイサイズは13インチのままで画面の周囲の境界線を縮小することでラップトップを小型化することを検討しているようだ。

 Appleは、15インチの画面を持つMacBook Airの大型版を開発することも検討しているようだが、次期MacBook Airには含まれていないと情報筋は話したそうだ。

 新しいラップトップは、現在のMacBook Airの上位機種と位置付けられていて、エントリーレベルの製品として同社のラインアップに残ることが期待されている。

 次期MacBook Proは、AppleがMacの愛用者に向けて新たに注力していることを示す製品となり、SDカードスロットを復活させ、ユーザーがデジタルカメラのメモリカードを挿入できるようにすることを計画しているようだ。

 Appleは、Macをセルラー接続と、顔認証システムであるFace IDの両方に対応させるために開発を進めているが、どちらの機能もすぐには実現しそうになく、Face IDは2021年のiMacの再設計に搭載される予定だったが、結局間に合わないようだと情報筋は話したそうだ。

[MACお宝鑑定団]