ソニーは1月27日、フルサイズのミラーレス一眼カメラ「α1」(アルファワン)を発表した。有効画素数約5010万画素のイメージセンサーを搭載し、30コマ/秒の連写や8K動画撮影などに対応する。発売日は3月19日で、市場想定価格は約80万円(税別)。

 高画素ながら連写や動画性能を重視したプロフェッショナル向けモデル。新開発のイメージセンサー「Exmor RS」と画像処理エンジン「BIONZ XR」を使うことで、画素数を落とさずにAF/AE追従30コマ/秒の連写が可能になったとしている(電子シャッター時)。AF/AEは最大で1秒当たり120回演算。複雑な動きのある被写体にも追従するという。

 像面位相差のAFポイントは759点。瞳を検出してフォーカスを合わせる「リアルタイム瞳AF」は従来機の「α9 II」から約30%検出精度が上がったとしている。従来は動物への瞳AFでイヌやネコなどに対応していたところ、新たに鳥にも対応した。

 αシリーズとして初めて8K30pの動画撮影に対応した。ハイフレームレート撮影では4K120p撮影が可能。動作撮影中の温度上昇を抑えるため、放熱しやすいフレーム設計を採用した。これにより、8K30pで約30分間の動画記録を可能にしたとしている。

 電子ビューファインダーは0.64インチの有機EL。解像度は約944万ドットでリフレッシュレートは240fps。背面の液晶モニターは3インチで144万ドット。上向きに約107度、下向きに約41度チルトできる。

 プロの現場で必要となる通信機能もα9 IIから進化。複数のアンテナで通信品質を向上させるMIMOに対応したことで、α9 II比で2倍の高速通信性能を実現したという。5G対応Androidスマートフォン「Xperia PRO」などと接続することで、5G通信でのデータ転送にも対応する。

 本体サイズは約128.9(幅)×96.9(高さ)×80.8(奥行き)mm、バッテリーとメモリーカードを除く重量は約652g。