日立製作所は3月2日、Webカメラで指静脈を認証するソフトウェアを9日から提供すると発表した。専用のソフトを使えば、PC内蔵のWebカメラに指をかざすだけで静脈を読み取れるのが特徴。接触せずに認証する方式を増やすことで、コロナ禍でのニーズに応えたい考え。

 親指以外の4本の指をWebカメラで撮影。画像処理により、血管の色や静脈の配置パターンを認識する仕組み。カメラの解像度は720p以上、フレームレートは30fps以上が必要。現時点ではWindowsのみの対応だが、今後、他のOSへの対応も検討する。

 Windowsのサインインに使える他、業務システムへのシングルサインオンや電子署名への応用も可能という。

 併せて日立は、非接触で静脈認証する専用端末「日立指静脈認証装置C-1」(C-1)も発表。こちらは端末から2種類の光を照射することで血管の位置を特定する仕組み。店舗での生体認証による決済やオフィスの入退室管理の他、イベント会場など数百万規模の認証が求められるシーンに対応するとしている。