ソニーネットワークコミュニケーションズは4月30日、電球とスピーカーを一体化したワイヤレススピーカーの防水対応モデル「LST-SE300」を発売した。価格はオープンで、想定税別価格は1万8500円前後。

 LST-SE300は、E26ソケットに対応しており、取り付けるだけで音楽も楽しめるという製品だ。市販の変換アダプターと組み合わせることで、E17口金の照明器具でも使える。LEDが放つ光とスピーカーから再生される音で空間を演出することをコンセプトとしている。防水(IPX4)性能を備えたことで、水回りやアウトドアなど幅広いシーンで利用できるようになった。

 LEDライトは、全光束520ルーメンの明るさを実現したほか、色温度を2700ケルビンにしたことで、電球色の暖かい光を再現できるという。また、シーンに合わせた32段階の調光と192色の調色が可能だ。

 付属するリモコンやiOSとAndroid向けに配信されている専用アプリ「Light Plus」を使えば、照明のオン・オフや、明るさ調整、音量調節といった操作ができる。ほかにも、タイマー機能による電源の自動操作や、音楽のリズムに連動した照明カラーの自動変更にも対応する。

 対応コーデックはSBC/AAC/aptX、サイズは最大で約61(直径)×116(長さ)mm。重量は約198g。