エプソンは6月29日、ビジネス向けチャットツール「Slack」と連携したプリントサービスの開始を発表した。

 今回の連携により、Slack内にプリントアプリ「Epson Printer」を追加して同社製プリンタを登録することが可能になり、Slackのチャット画面に写真や文書を送るだけでプリントを行える。

 対応可能なファイル形式はJPEG/PNG形式ファイル(上限10MB)、PDF/Word/Excel/Power Point形式ファイル(上限20MB)だ。

 利用についての詳細はこちら。