AMDの新チップセット「AMD B550」を搭載したマザーボードが店頭に並んで一週間が経った。Intel対AMDの売れ行きを聞いて回ったところ、「2:8でAMD」との答えが多く、プラットフォーム全体で好調に売れている様子だ。

 ただ、パソコンSHOPアークは「全体的に売れているというよりも、いくつかの人気モデルが突出してヒットしているという印象があります」と語る。同様の話は複数のショップで耳にした。

●マザーだけ買っていく人も多いです――B550マザーの売れ行き傾向

 どこのショップでも売れ筋に挙げられたのは、ASRockの「B550 Steel Legend」と「B550M Steel Legend」だ。価格は順に2万4000円前後と1万8000円前後(税込み、以下同)。

 TSUKUMO eX.は「オーバークロック耐性で定評のあるシリーズですが、2モデルとも電源回りが強力で、ネット上のレビューも評価上々です。Ryzen 5 3600X(3万円弱)や3600(2万4000円前後)と組み合わせて、バランスの取れたハイスペックマシンを組みたい人が多い印象ですね」という。

 次いで、よくモデル名を聞いたのは、ASUSTeKの「ROG STRIX B550-F GAMING」(2万3000円前後)と「TUF GAMING B550-PLUS」(1万9000円弱)だ。

 また、B550マザーの売れ方の特徴として、CPUとセットではなく単品で買っていく人が多いとのコメントもよく聞いた。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「B350マザーのBIOSをアップデートして第3世代Ryzenを動かしていた人が結構多くいます。そういう人がZen 3への対応が確約されているB550マザーにどっと流れ込んできているみたいですね」と解説する。

 予算的には、速報で触れた“10万円マシン”コースよりも少し上を想定している人が多い様子だ。

●Mini-ITXマザーが2モデル登場――B550マザーの新顔

 そんなB550マザーには、先週も新しいラインアップが続々と加わっている。

 ASRockからはゲーミングブランド「Phantom Gaming」に属する2モデルが登場した。Mini-ITXモデル「B550 Phantom Gamin-ITX/ax」は、2.5GbE LANとWi-Fi 6に対応し、ストレージ用にM.2スロットを2基用意している(PCIe x4 Gen4接続とPCIe x2 Gen3/SATA接続)。価格は2万8000円弱だ。

 ATXサイズの「B550 PG Velocita」も2.5GbEの有線LANに対応しており、PCIe x4 Gen4接続とPCIe x2 Gen3/SATA接続のストレージ用M.2スロットを備える。価格は3万円前後だ。

 TSUKUMO eX.は「より多機能/高機能なラインアップですね。Steel Legendとは、また違った層に響くかなと思います」と話していた。

 ギガバイトからもゲーミングブランド「AORUS」に属する2モデルが売り出されている。Mini-ITXサイズの「B550I AORUS PRO AX」が2万1000円強で、microATXサイズの「B550M AORUS ELITE」が1万2000円前後となる。B550I AORUS PRO AXは2.5GbE LANとWi-Fi 6に対応し、ストレージ用のM.2スロットは、どちらもPCIe x4 Gen4と同Gen3の2基をそろえる。

 なお、オリオスペックではB550I AORUS PRO AX購入者に先着で、ギガバイ子ちゃんのワイヤレスモバイルバッテリーをプレゼントしている。

 次にあのマウスパッドを見ていこう。

●日本限定の「ときめきメモリアル」コラボデザインのQckマウスパッドが登場

 入力デバイス売り場で異彩を放っていたのは、SteelSeriesのマウスパッド「QcK Tokimeki Edition」だ。PCエンジン版の「ときめきメモリアル」のキャラクターをデザインした日本のみの数量限定モデルで、価格は2200円前後となる。ソフト素材で、サイズは約320(幅)×270mm(奥行き)だ。

 また、同社からは人気FPS「Counter-Strike:Global Offensive(CS:GO)」のスキン「Neon Rider」をモチーフにしたマウスパッドとマウスも数量限定で登場している。

 サイズは約450(幅)×400(奥行き)mmのソフトパッド「QcK Large Neon Rider Edition」が2800円前後、約900(幅)×300(奥行き)mmのソフトパッドで外周にRGB LEDを仕込んだ「Qck Prism XL Neon Rider Edit」が9200円前後、1万8000cpiの分解能を持つ有線光学マウス「Sensei Ten Neon Rider Edition」が1万1000円弱となる。

 入荷したパソコンSHOPアークは「ときめもマウスパッドは、昔から自作している一部のコアな人に刺さっていますね。Neon Riderは対称的に若いゲーマー志向の人に人気です」と話していた。

●アームにカメラやマイクを固定できるマウンターが売り出される

 その他のアイテムで話題になっていたのは、長尾製作所から登場した「モニターアーム用VESAカメラ&マイクマウント」だ。価格は3300円弱となる。

 ディスプレイアームの国際標準規格VESAマウントに対応したカメラとマイク用のマウンターで、アームの一端に動画撮影やWeb会議などに使う機材を設置できるのが特徴だ。VESA規格は75mm×75mmと100mm×100mmのどちらにも対応し、カメラ固定用は1/4インチねじ、マイク用は3/8インチねじを採用している。

 入荷したオリオスペックは「本格的なカメラやマイクで配信したいという人に便利なアイテムですね。マルチディスプレイアームの1つをカメラ用にしたり、単独で上下/左右に動かせるアームを導入したりと、いろいろ工夫できそうです」と評価していた。