ASUS JAPANは7月14日、Xeon W-1200プロセッサを標準搭載したタワー型WS「ASUS Pro E500 G6」を発表した。

 CPUとして最大10コア20スレッド動作を実現できるXeon W-1200プロセッサに対応したデスクトップワークステーションで、ECC DDR4メモリを最大128GBまでサポート。2.5GbE対応の有線LANポートも標準で利用可能だ。

 グラフィックスカードはQuadro RTXまたはRadeon Proの装着に対応。企業向けのIT監視・管理ソフトウェア「ASUS Control Center」も利用できる。