8月14日、例年と比べたショップの混み具合を尋ねたところ、TSUKUMO eX.は「明らかに普段と違う層のお客さんが増えましたし、平均的な週末より確実に混んでいます。ただ、例年比でいうと、今年はコミケがない分だけ引いた感じで捉えるのがしっくりきますね」と話していた。

●「RTX 2080 SUPERと2070 SUPUERが薄いです」

 他でも似たコメントを何度か耳にした。某ショップも「Ryzen 3000シリーズという起爆剤があった2019年と比べるのはあれですが、例年平均と比べてガクンと落ち込む感じはないですね。もともと海外からのお客さんはそんなに来られませんし、国内自粛分マイナス、コミケ分マイナスくらいの感じでしょうか」という。

 その一方、活況の中で品薄が心配されるパーツも生じてきている。多くのショップで挙げられたのは、GeForce RTX 2080 SUPERと同2070 SUPER搭載カードだ。

 TSUKUMO eX.は「各社からの供給が薄くなってきたところに、ハイエンド構成を組みたいという需要が盛り上がっているところがありますね。特に2070 SUPER人気が目立つので、狙っている方はお早めが得策でしょう」とアドバイスする。

 また、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店はハイエンド系グラフィックスカードに加え、「4Kゲーミングモニターも品薄傾向が進んでいます。後は電源ユニットとゲーミングデバイスも、型番決め打ちだと危険かも」と話していた。

 続いて、ショップで品薄傾向のアイテムを見ていこう。

●サーキュレーターも品薄、ドラレコ需要も

 PCパーツ以外では、ハンディータイプも含むUSB扇風機が例年通り好調に売れているが、今年はとりわけサーキュレーターの品薄傾向が目立つとも聞く。

 テクノハウス東映は「製造元の供給が追いつかなくて、当店ではしばらく売り切れになっていますね。自宅で過ごすことが多くなったのと、換気を意識する人が増えたことが理由じゃないかなと思います」と語る。

 その他、同店ではドライブレコーダー関連の需要がロングスパンで伸びているそうだ。今週も車搭載用のダミーカメラ(300円、税込み以下同様)が順調に売れているとか。また、Micronの産業向けmicroSDXCカードもドラレコ需要を中心として人気があるとのこと。1TBモデルが2万9990円で、512GBモデルが1万2990円となる。いずれもバルク品だ。

 「容量単価は512GBの方が良いですけど、1TBモデルの方が売れています。大抵は1スロットしかありませんから、一発でなるべく大容量になるカードを探している人が多いということかもしれませんね」と話していた。