9月16日に発表されながらも出荷がまだだった第4世代の「iPad Air」が、いよいよ10月23日に発売される。同じくリリース時期がずれた「iPhone 12」の発売に重なった形だ。

 今回はiPad Airの市場投入に先立って実機を試用する機会を得た。そこで驚かされたのはiPhone 12シリーズも搭載する新SoC(System on a Chip)である「A14 Bionic」の高性能ぶりだ。

 実は評価用の製品はiPhone 12・12 Proよりも早いタイミングで入手していたのだが、iPad AirとiPhone 12 Proのベンチマークテスト結果を比較すると、なおさらにプロセッサとしての可能性を感じざるを得ない。

 詳細は後述するが、iPad Airに搭載されるA14 Bionicは、CPUが高性能コア2つと高効率コア4つ、GPUが4コアの構成でありながら、よりコア数が多くメモリ帯域を拡張する改良も施された「A12Z Bionic」(現行のiPad Proが搭載)のCPU、GPUとほぼ同等といえる性能を有していた。

 さらに言及するなら、A12Z Bionicに搭載されているNeural Engineは旧世代のものでA14 Bionicでは性能が2倍以上となっている。MLアクセラレータに至ってはA13世代以降で導入されたはずで、圧倒的に高性能だ。

 無論、それらを活用するアプリと一緒でなければ、専用プロセッサの実力は引き出せないが、システムトータルの実力は極めて高いことが確認できた。

●iPad Proとほぼ同等の使い勝手と全体のシェイプ

 まずは外観からチェックしていく。第4世代のiPad AirはiPad Proと同様にフラットなデザインを採用しており、Touch IDを兼ねたパワーボタンがやや大きいことやカラーリングが豊富なことを除けば、11型のiPad Proと区別がつかないほど似ている。

 iPad Airがデザインを変更していると知らない人が見れば、iPad Proのカラーバリエーションが増えただけだと思うかもしれない。ディスプレイは11型から10.9型へと小さくなっているが、ほとんど変わらない(iPad Airは最大輝度が100nits低い500nitsになり、ProMotionに対応しないが)。

 本体サイズは全く同じで、周辺デバイスも共用できるため、ベゼルはわずかに太くなっているものの、それも予備知識がなければ気付かないだろう。

 カメラ部に目を移せば、iPad Proにはある超広角カメラと「LiDAR」スキャナが搭載されず、広角だけのシングル構成は1世代前のiPad Proをほうふつとさせる。広角カメラはiPad Proと同じものだが、搭載するSoCがA14 Bionicであるため、写真の雰囲気はiPhone 12シリーズに近い風合い(暖かみのある色温度や滑らかな階調)を踏襲する。とはいえ、品質面ではさほど大きな違いは感じない。

 また、搭載するメインメモリ容量もiPad Proより少なく4GBだ。iPad Proのメインメモリ容量は6GBだが、この違いを意識することは恐らくほとんどない。

 一方で、第2世代の「Apple Pencil」に「Magic Keyboard」、そして「Smart Keyboard Folio」といったiPad Proで好評の周辺機器はそのまま利用できる。もちろん、iPad OSは同じとなれば、11型のiPad Proではなく10.9型のiPad Airで十分ではないか、という疑問が出てくるだろう。

 ここで複雑に絡み合うのが、iPad Proが搭載する顔認証のFace IDと、iPad Airが搭載する指紋認証のTouch IDによる違いだ。

 自宅などで使う際にはFace IDの方が圧倒的に便利だが、公共の場で使う際にはTouch IDの方が便利だ。どちらがよいと思うかは利用する場面によって違うが、今後外出の機会が以前と同じように増えていくならば、iPad Airの方が便利かもしれない(併用できると最高なのだが)。

 いずれにしろ、使い勝手の面ではiPadのAirとProに大きな違いはなくなった。では性能はどうかというと、これもまた大きな差がないのだ。

●iPad Proに近いiPad Airのベンチマークテスト結果

 ということで早速、定番のベンチマークテストである「Geekbench 5」を実行した。

 シングルコアのスコアは1587で、これはIntelの第11世代Core i7-1165G7、すなわちTiger Lake(開発コード名)のCore i7モデルと同程度のスコアだ。

 A14 Bionicは高性能コア2つ、高効率コア4つの構成であるため、4コアのTiger Lakeよりもマルチコアのスコアは落ちる。それでもA14 Bionicの4248に対してTager Lakeの典型的な薄型ノートPC搭載機は5400程度(熱設計に強く依存するので参考例としてみていただきたい)となるため、コア数の差ほどには変わらないと思われる。

 iPad Airの薄さやファンレス設計であることを考えれば、そもそもノートPCと比べてこの程度の差に収まる方を褒めたいところだ。

 そして、この値はiPad Proが搭載するA12Z Bionic(高性能コアを4つ搭載)の4650前後というマルチコアのスコアにも迫る。A12Z Bionicはクロック周波数が2.5GHzで、A14 Bionicの3GHzより低いとはいえ、高性能コアの数が半分ということを考えれば、A14 Bionicも健闘している。何しろiPad Airが搭載するSoCは、小さなスマートフォン向けに開発されたものなのだ。

 iPhone 12・12 Proで計測した場合のマルチコアスコアは3950で、iPad Air搭載時に得られる熱設計面でのアドバンテージがスコアに出ているのだろう。

 GPUの計算能力を示すComputeの値で見ると、熱設計の違いによるスコアの伸びはさらに顕著で1万2232となる。iPhone 12 Proの9357に比べると3割ほどの向上だ。

 Geekbench 5のスコアはiPad OSのアップデートでMetalスコアが上がっており、iPad Proに搭載された8コアGPUのA12Z Bionicも約1万2000程度の値を出す(以前は9300程度だった)のだが、A14 Bionicがそれよりもさらに上のスコアを半分の4コアGPUで出したのは予想外だ。

●より実際のアプリ動作に近いテストでは「Proらしさ」も

 もう少し実際のアプリに近い実装の処理ということで、ベンチマークテストの「Antutu Benchmark V8」を動かしてみた。

 結果を見ると、CPUのスコアはわずかながらiPad Proが上回る程度でほぼ同等だった。一方のGPU性能はiPad Proが1.5倍程度を示しており、コア性能が上がっているとはいえ、コアの絶対数が2倍あるiPad Proの実力値に近いと思われる。

 iPad Proが搭載するA12Z Bionicは、CPU、GPUのコア数を増やすためにメモリの接続帯域が拡張されており、マルチコアでの動作がスムーズになるよう設計されている。17%程度メモリ帯域が広いと計測されるのはそのためだが、上記のGPUスコアに影響を与えている可能性がありそうだ。

 共有メモリアーキテクチャを採用するAppleのSoCは、CPUとGPUの総合パフォーマンスがメモリ帯域に制約を受けるはずなので、実際のアプリ動作ではさらにiPad Proが有利になるかもしれない。

 と予想しながら、アドビの「Lightroom」と「Premiere Rush」のテストに移った。

 Lightroomのテストは、「RICOH GR III」で撮影したRAWファイルを20枚現像する時間を計測。この処理は恐らくだが、ほぼCPUが担当する(LightroomがGPUを使うのはプレビュー生成時)。結果はiPad Airの33秒に対してiPad Proが34.5秒でほぼ同じといっていいだろう。

 次にPremiere Rushのテストだが、こちらはテロップや複数動画の合成などでGPUが寄与する度合いが大きい。またメモリ帯域もiPad Proに有利に働くと思われる。あるフルHDの動画編集プロジェクトをPremiere Rushで書き出したところ、iPad Proが24分26秒で終了したところiPad Airは30分12秒だった。やはりiPad Proが高速なのだが、iPad Airの処理能力も捨てたものではない。

 というのも、Ice Lake(開発コード名)世代の「MacBook Pro」や「MacBook Air」よりも高速だからだ。同じプロジェクトをMacBook Proの上位モデル(Ice Lake搭載のCore i5モデル)で書き出した場合は35分11秒、MacBook Air(Ice Lake搭載モデル)では57分4秒の処理時間がかかった。

 Premiere Rushという限られたアプリでの快適性とはいえ、MacBook Proを上回る速度なのだから十分に高性能だ。

●熱的な余裕がもたらすA14 Bionicの実力

 これらの結果から明らかなのは、A14 BionicをiPhoneという鳥籠から解き放ち、より熱設計に余裕のある環境で動かすと、相当に高いCPU、GPUの実力を発揮するということだ。

 iPhone 12・12 Proのカメラ機能の進化などからも感じ取れるように、Neural EngineやMLアクセラレータ、ISP(Image Signal Processor)などが大幅強化されていることは体感できていたが、軽くIce Lake搭載のMacBookを超える実力を見せ、単純なスコアではあるもののTiger Lake並みの瞬発力も備えるとなれば、Apple Silicon搭載のMacではどこまで高性能になるのか、と期待せざるを得ない。

 Appleが「A14X Bionic」といった、よりコア数の多いチップを開発しているかどうか。確たる証拠はないが、過去の例からすれば、そしてMacがApple Siliconに移行することを考えれば、開発していることは間違いないだろう。iPad Proのアップデートも、今回のiPad Airの高性能ぶりから近いと思われる。

 ではA14X Bionic(高性能CPUが4コア、GPUが8コアだろうか)が登場するのであれば、その実力はどの程度だろうか。

 iPad AirにおけるTDP(熱設計電力)が7W以下と推察するならば(動画の書き出しでもほとんど熱くならないため、もっと低いかもしれない)、薄型のMacBook系でそのまま採用するという手もあるが、コア数を増やしてMacBook Pro並みの熱設計にすれば15W前後のTDPにまでA14 Bionicを拡張できる。

 スリットが少ない13.3型のMacBook Pro下位モデルならば、iPad Airに比べて(ベンチマークテストの値では)2倍程度のスコアを出す余地がありそうだ。

●A14世代の多コア化はどこまでスケールできるか

 ただし余地があるのと、性能が出るのとは異なる。ここで重要になってくるのは、「A13 Bionic」(iPhone 11や第2世代のiPhone SEに搭載)の発表時に語られた新しい省電力技術だ。

 実はA12世代でA12Xを開発したものの、発熱の問題で想定していたほどには性能がスケールしなかったといわれている。A12のZバージョンが出たのも、そうした部分を制御で何とか克服した結果だったのかもしれない。

 ここは推測の域を出ないが、A13世代で取り組んだ省電力制御の技術が、A14世代で結実しているならば、A14X Bionicではいよいよさらなる高性能、つまりより大きなTDPバジェットにおける高性能を引き出せるようになっているのではないか、と期待している。

 A13 Bionicでは、SoCの機能ブロックごとに電源制御を行うにとどまらず、各機能ブロックの中も細かく電源系統を分け、実際に使っている回路のみをオン、オフする設計を導入することで省電力化を果たしたと説明された。

 こうした設計アプローチはバッテリー駆動時間にもプラスとなるが、Macのようなより大きな筐体に収める際には、パフォーマンスを引き出す方向で生かすことができる。XバージョンのA14が登場したならば、そのときはiPad Airからきれいにスケールし、2倍程度(あるいはそれ以上?)のパフォーマンスを引き出せるかもしれない。

 さらにMacにおいても、Neural EngineやMLアクセラレータ、ISPを活用する事例が増えていけば、Intelプロセッサを搭載するPCとの差別化を図れるだろう。

[本田雅一,ITmedia]