二子鬼剣舞、56回目出演へ 北上・みちのく芸能まつり

二子鬼剣舞、56回目出演へ 北上・みちのく芸能まつり

 北上市二子町の二子鬼剣舞(八重樫嘉道庭元)は、4日開幕する第56回北上・みちのく芸能まつり(運営委主催)で皆勤となる56回目の出演に向けて、追い込み練習をしている。メンバーは先輩たちが築いた歴史の重みをかみしめ、迫力の舞で魅了するステージを目指し意欲を高めている。  同鬼剣舞の保存会は週1回の定例の練習のほか、まつり直前は強化練習として、約2週間の特訓期間を設定。小学生らの指導を終えた午後8時ごろから、演目ごとに動きを合わせる。  二子鬼剣舞は同市大通りのおまつり広場で行われる、5日午後7時からの芸能公演と同8時からの大群舞などに出演する。 <4日開幕、121団体集結>  第56回北上・みちのく芸能まつりは4〜6日の3日間、JR北上駅周辺の特設会場などで開かれる。今回は北上市の友好都市、沖縄県石垣市の八重山高郷土芸能部が訪れ、若さあふれる舞で祭典に花を添える。  県内外の民俗芸能団体計121団体、約2500人が集結。4日は同駅前の大通りで午後6時半から市民パレード、同8時から少年鬼剣舞の群舞を展開。5日は午後6時10分から、神楽や鬼剣舞の大群舞を繰り広げる。最終日の6日は、午後7時半から北上川河畔で「トロッコ流しと花火の夕べ」を開催する。  問い合わせは北上観光コンベンション協会(0197・65・0300)へ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索