五輪の波及効果、被災地に 鈴木五輪相に聞く

五輪の波及効果、被災地に 鈴木五輪相に聞く

 【東京支社】第3次安倍第3次改造内閣は3日午後、皇居での認証式を経て発足した。五輪相に就任した鈴木俊一氏(64)=衆院岩手2区=は同日夜、岩手日報社のインタビューに答え、2020年東京五輪・パラリンピックについて「国際社会からの支援で進んだ復興の姿を世界に発信する機会としたい」と抱負を述べた。被災地へのキャンプ地誘致などに加え「岩手など被災地産食材の提供や大会関係施設での木材活用に向けて努力したい」と波及効果を生み出す考えを示した(4日紙面で詳報)。  五輪相への就任は2日夜に安倍晋三首相から要請があった。鈴木氏は「各省庁の調整など難しい面があると思うが、頑張ってほしいと言われた」と首相からの言葉を明らかにした。  東京五輪と震災復興の両立については「復興を五輪が阻害するのではという声もあったが、国内外からの応援で復興が進んでいる。被災地出身の私が五輪相を務めることで被災地と五輪の距離を縮めることができればと思う」と述べた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索