高橋樹、ほろ苦初先発 無念4回8失点

高橋樹、ほろ苦初先発 無念4回8失点

<DeNA13-3広島>  広島の優勝へのマジックナンバー点灯はまたも持ち越しとなった。プロ2年目で初先発した高橋樹也(花巻東高)が4回7安打8失点と崩れ、今季ワーストの13失点で大敗。緒方監督は「こういう試合をしちゃ駄目」と嘆いた。  高橋樹は3−0の二回につかまった。味方の失策でリズムを崩し、倉本に適時打、桑原に満塁弾を浴びて5失点。四回にも3点を奪われて降板し「真ん中に球が集まった。修正できない力の無さが出た」と悔やんだ。  緒方監督は高橋樹の2軍落ちを明言したが「また下で頑張ればチャンスはある」と奮起を促した。高橋樹は「今日の経験を無駄にしないようにやっていきたい」と言葉に力を込めた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

岩手日報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

岩手のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索